iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ドレス・花嫁衣装の選び

ドレス・花嫁衣装の選びについて

この記事は、ドレス・花嫁衣装の選びについて詳しく説明します。

■ウエディングドレス選びのポイントとシルエット

ウエディングドレスは、花嫁が結婚式で最も重要視するポイントでもあります。 ドレスを着たいがために式を挙げるという人もいるでしょう。 憧れのデザインのドレスを選ぶのもいいのですが、やはり自分が一番きれいに見えるデザインのものを選びたいですね。

最近のウエディングドレスで最も多いデザインは、ビスチェタイプです。 肩ひももなく両肩を全部露出するデザインで、首元をスッキリと見せてくれます。 ビスチェタイプに続いて多いのが、オフショルダータイプです。 こちらも両肩が出るデザインですが袖があります。

横幅を強調してくれるので、細長い顔の人でも似合うのがいいですね。 しかもビスチェタイプよりも上品なイメージがあります。 どうしても二の腕を出したくないという人は、ケープを組みあわせたりロングスリーブのデザインを選んだりするのがいいでしょう。 また、全体のシルエットは、ふんわりと膨らんだプリンセスラインや裾が大きく広がったAラインが一般的です。 女性の体のラインをきれいに見せてくれるマーメイドラインも大人っぽくて素敵ですが、小柄な女性にはあまり似合いません。

ドレス・花嫁衣装

■和装の種類、新郎衣装について

ドレスも素敵ですが、和装も素敵なものです。 和装での花嫁衣装の種類には、以下のようなものがあります。 ・白無垢:打ち掛けから帯、小物まですべて白で揃えたもの。 ・色打ち掛け:白以外の色の打ち掛けのこと。 ・引き振袖:通常の長さの振袖を着ることもあるが、裾を引きずる引き振袖もある。

挙式には白無垢に白い綿帽子や角隠し、披露宴には色打ち掛けや引き振袖を着る人が多いです。 他にも平安時代の貴族にならって、十二単を着る人もいます。 新郎の衣装は、新婦の衣装に合わせて選びます。 洋装の場合はタキシード、フロックコート、モーニング、セレモニースーツなどがありますね。 和装なら紋付き袴があります。 最近では新郎用の紋付き袴で、派手な色のデザインが用意されていることも多いです。

■衣装はどうやって用意するか

結婚式の衣装は、レンタルか購入かに分かれます。 購入の場合も既成品とオーダーメイドに分かれます。 既成品でも購入するとなるとかなりの金額になりますし、2度と着る機会の無いものですからレンタルで済ませる人が多いでしょう。

また、式場と提携するドレスショップではなく、外部の店から借りたドレスや購入したドレスを着たいこともあります。 その場合は持ち込みが可能な式場なのか、そしていくら持ち込み料が掛かるのかについても調べておきましょう。

サイトマップ

Top