iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

結婚式の引き出物、引子き菓の決定ポイント

結婚式で参加者が非常に楽しみにしていることに、引き出物と引き菓子があります。 引き出物と引き出しは、参加者の趣向に合うような形で、一般的に4000円から5000円の品物を渡すことになるのですが、この引き出物と引き菓子の選択で、その新郎新婦の度量とセンスが問われることになりますので、この選択には事前にある程度注意を持って準備をしないといけないことになります。

Jun 19,2014 17:15 pm / 編集者: カテゴリ: Wedding特集

結婚

一般的に引き出物は食器や定番商品になりますが、最近ではカタログが配布され、好きな品物を選択できるような形で、ゲストの方の家に直送するような形になる場合もあります。 現在多くの若者の中で流行しているのが、新郎新婦で製作した手作りの引き出物や引き菓子などが大注目を集めており、新郎新婦の思いが詰まった手作りの引き出物や引き菓子は、多くの来場者に対する感謝の気持ちを込めたものとされ、とても嬉しいものであります。 例えば、陶芸教室に1年前から通い、器や食器などを自分たちで製作し、それを引き出物としてゲストの方に渡すなど、非常に手の込んだ結婚式を行う人も増えています。

引き菓子でも、自分の家でシフォンケーキなどを作り、それを引き菓子として利用する事もありますし、洋菓子教室に新婦が通い、家庭で引き菓子を手作りすることで、多くの人に感動を与えることが出来るようになります。 基本的にこのような手作りの自作を選択しないのならば、現在は効率化することで、来場者の方に自分でカタログを見て選ぶことが出来る引き出物が人気になっている状況となります。 しかしやはり結婚式は生涯一度の大イベントでもありますので、新郎新婦が直接自分たちで選んだり、作ったりした引き出物、引き菓子を手渡したいものであります。

あまり簡素化し、効率化することで暖かみがない結婚式になる場合が多く、やはり新郎新婦の人柄とセンスが光る結婚式にするためには、新郎新婦の手の入った引き出物と引き菓子を考える事が非常に重要になってくると考えられます。 注意点としましては、車で来る人ばかりではなく、中には電車に乗ったり、タクシーに乗ったりしてくる人もいらっしゃると思いますので、あまりかさばらず荷物にならない程度の大きさと重量のものを選択することが理想的であります。 また参加者の方が日常で使用できるものが、最も自分たち家族を思い出してくれるものとして大切なことであり、特にまったく使わないようなものは引き出物として考えない方が良いと考えられます。 これからも自分たち夫婦を思い出してくれるような引き出物を選択しましょう。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top