iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

婚礼マナーについてのポイント

結婚式を行うためには多くの基本的なルールが存在しており、このルールの基づいて結婚式を執り行うことが重要になります。 ルールを無視した結婚式は多くの参加者に悪い印象を与える場合が多くなりますので、ぜひ気をつけておきたい事であります。

Jun 24,2014 14:36 pm / 編集者: カテゴリ: Wedding特集

結婚

結婚式の席を決めるのにも座次のルールという物が存在しており、新郎新婦に近い場所が上座になります。 上座には会社の上司や関係の遠い親戚の方が座る事になりますので、きちんと事前の人間関係の下調べをしておくことが重要になります。

また入り口に近い席ほど下座になりますので、ここには家族が座ることになります。 また招待ゲストの結婚式の服装や髪型、ネイル、ネックレスのアクセサリー、靴などのマナーも存在しています。 白色の服装は花嫁だけの特権でありますので、参加者は白色の服装は控えなければいけません。 また極端に派手なドレスという物も控えなければいけません。 ミニ丈ドレス・肩出しドレスは基本的に厳禁であり、身体の線が出てしまうようなドレスも回避することが基本的な事になります。 羽織り物などを着用することで肌の露出を控える事が重要になります。 また毛皮や革素材は「殺生」をイメージするものとして着用をすることはよろしくありませんので、注意が必要になります。 また早嫁のお色直しとかぶるドレスも出来るだけ避けることが大切です。

またバックなどでは動物系のバックは厳禁であり、紙袋なども出来るだけ使わないようにしましょう。光り物のバックなどもあまりお勧めしませんが、最近ではあまりうるさく言わないような時代となっています。 靴では露出の多いものは控えた方が良く、露出の少ないパンプスが一番理想とされています。 ヒールはある程度の高さのもので上品に見える物が理想的だとされています。 アクセサリーはフォーマルな場所では派手で浮いた物は避けるようにするのが理想的であり、落ち着いたものを選ぶようにしましょう。 これはネイルに関しても同じ事が言えます。 このように結婚式にはある程度の決まり事とルールという物が存在していますので、これに基づいてミス無く失礼がないような形で、事前の準備をしっかりと行わなければいけません。 新郎新婦が主役のイベントでありますので、目立ちすぎることなく、それでいて貧素なイメージを持つことがないような形で結婚式に参加するようにしましょう。 多くの人の前で恥を欠くことがないように注意を配ることが大切なポイントであります。

サイトマップ

Top