iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

媒酌人、立会人の依頼について

結婚準備:媒酌人、立会人の依頼

結婚式に媒酌人、立会人の依頼に関する記事を集めました。

■媒酌人と立会人、仲人の違い

仲人とは、男女の間に入り縁談を取り持ったり、結納、結婚式、披露宴のまとめ役のような存在です。 例えば結納の進行役や結納品の交換のために両家を行き来したり、披露宴では乾杯の音頭を取ったりします。 本来は男女が知り合うきっかけを作る役目もしていたのですが、今は結婚相手を自由に選べる時代ですので、結婚が決まってから形式的に仲人を立てることが多いです。

媒酌人とは、披露宴や結婚式での仲人の役割をする人です。 仲人=媒酌人と扱われることが多いですが、仲人を立てない場合は式の時のみ媒酌人を依頼することも多いです。 立会人とは、新郎新婦が結婚の誓いを交わすときに証人になる人のことです。 挙式に参列する人たちすべてが証人ではありますが、その代表として立てるのが立会人です。 仲人がいる場合は、立会人も兼任することが一般的です。

■媒酌人や立会人の依頼について

仲人や媒酌人を誰に頼めばいいのかに決まりはありませんが、新郎新婦がお世話になっている人に依頼するのが大事なポイントです。 媒酌人は一人でもいいですが、仲人の場合は夫婦そろって依頼します。 選ぶポイントは以下の通りです。
・円満な夫婦(新郎新婦が目標にしたり相談相手になったりしてくれる)
・周囲の人望もある
・新郎新婦どちらかに関係のある人

招待客のリストアップ方法

例えば職場の上司でもいいですし、恩師でもいいです。 どうしても思い浮かばないという場合は、両親の知人で仲人になってくれる人を探すのもいいでしょう。 一方、立会人は特に目上である必要はありません。 仲人や媒酌人を立てないケースもあるため、立会人を改めて式の列席者から選ぶことが多いです。 立会人の場合は親友になってもらうことも多いですね。

■媒酌人や立会人の依頼の仕方

媒酌人や立会人をお願いする場合は、最初に手紙や電話という手段を使うのが一般的です。 もし承諾をもらったら改めて直接伺い、あいさつをしましょう。

両親の知人にお願いするときでも、一度は新郎新婦二人揃ってあいさつするのが常識です。 友人に立会人をお願いする場合はついメールだけで済ませがちですが、やはり大事な式の立会人をしてもらうのですから直接会ってあいさつすることを省いてはいけません。 さらに式の前には細かい打ち合わせをする必要があります。

式が終わってからも、お礼を述べるのを忘れてはいけません。 できるだけ当日に、もしくは翌日に媒酌人・立会人を務めてくれたことに対するお礼をしましょう。

サイトマップ

Top