iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

お礼、心づけの準備のポイント

結婚式は自分たちの力だけで成り立っている物ではなく、多くの人の協力の下成り立っているものでありますので、世話になったり迷惑をかけた人に対してある程度の心付けやお礼金を渡すことが習慣や風習になっています。 結婚式の当日にこのようなマナーを知らないと言うことは、後々恥をかくことにもなりますし、新郎新婦の良識を疑われてしまうことにも発展してしまう可能性がありますので、ぜひ心付けやお礼金をきちんと行う事は重要になってきます。

Jun 24,2014 14:54 pm / 編集者: カテゴリ: Wedding特集

結婚

誰に渡すのかと言いますと、受付、司会、撮影など特別の頼み事を行った友人や知人に渡す謝礼金と、媒酌人や主賓などに渡すお車代なども含まれます。 特に遠方から来られている方に対しては、相当多くの交通費がかかっていますので、このような方にある程度の交通費を渡しておくことも重要になります。

心付けやお礼金というものは、一種の海外のチップと同じような形になりますので、ある程度のマナーを心得ておかなければいけません。 またひとかどにお世話になった方には、お礼金以外にも日を改めて菓子箱などを用意して挨拶に伺うことが習わしとなっています。 基本的に新郎がお世話になった方には新郎が行い、新婦がお世話になった方には新婦が行うのが理想ですが、式当日にはお金のやり取りを新郎新婦が行う事が少し教養的にも良くありませんので、自分たちの両親にこの事をお願いするのが一般的であります。 費用的には、ある程度自分たちがお世話になった頻度が高い人には、多くのお金を包むことが重要であります。 式前に心付けやお礼金を、「誰に、いつ、いくら」渡すのかについてきちんと計画を立てて準備をしておかなければ、混乱してしまうことにもなりますので、この辺りの段取りはあらかじめ両家で話し合っておくことが大切になります。

多くの人の協力の下成り立つ結婚式でありますので、自分たちの感謝の気持ちや心遣いなどを、きちんと相手の人に理解してもらう為には、このような行為というものは大切な文化でもありますので、ぜひきちんと行っていきたいものであります。 これらの行為を省いてしまう人もいると思われますが、結婚式の参加者の中には、古くからの伝統や文化を大切に守っている方もおられますので、省略してしまうと、当然良い印象を持たれなくなり、失礼な人間だと思われる可能性も高まりますので、ぜひきちんと伝統文化に沿って、心付けとお礼金をきちんと行うようにしておきたいものであります。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top