iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

結婚式の祝辞(スピーチ)の依頼ポイント

結婚式の祝辞(スピーチ)の依頼ポイントについて

結婚式には多くのスピーチが存在し、そのスピーチが結婚式を盛り上げ、形式的に素晴らしいものへとするのです。 結婚式では新郎の謝辞や挨拶に始まり、新郎新婦のウェルカムスピーチ、祝辞や主賓挨拶、友人代表のスピーチなどがありまして、これらが結婚式を意味のある物へと盛り上げていくことになるのです。

新郎の謝辞

まずは新郎の謝辞では、遠方から来た多くのお客様に感謝の念を伝える事が大切であり、天候や季節の言葉を使うことで、意味のある、格式高い謝辞と挨拶を行う事が出来ます。 多くの人に染みこむような祝辞や挨拶は、本当に新郎新婦をこれからも応援していき、幸せを願う気持ちにさせますので、ぜひ失礼がないような形で、うまく行いたいものであります。

新郎新婦のウェルカムスピーチ

新郎新婦のウェルカムスピーチでは、多くの参加者に自分たちが幸せな家庭を作る事を宣言することにもなりますので、きちんとした感謝の気持ちを述べながら、これからも多くの人の支えによって幸せな家庭を築いていく事を多くの人に理解してもらう事が重要になります。 一般的には新郎が一人で行う場合が多くなりますが、新婦もある程度の挨拶をしておくことで、結婚式がスムーズに進むことになりますので、新郎新婦がお客様の心に響くスピーチを行うようにしましょう。

結婚式の祝辞(スピーチ)

祝辞や主賓挨拶スピーチ

祝辞や主賓挨拶スピーチでは、新郎新婦の事がよく分かるようにエピソードなどを交えた形のスピーチをするのが一般的であります。 ただし小難しい内容や、意味がよく分からないスピーチは、聞いてもあまり良くありませんので長時間のだらだらと長いスピーチにならないように気をつけることが大切であります。 乾杯や友人代表のスピーチでは、場をある程度明るく盛り上げる必要がありますが、それでも結婚式のマナーと格式を十分理解した上で、大げさにならないようにしなければいけません。 結婚式は一つのイベントでもありますが、行事でもありますので、くだけすぎず堅くなりすぎない程度の挨拶が必要になります。 特に多いのが、あまりにも型にはまりすぎており、長時間の大人の興味の無い祝辞やスピーチをしすぎると、なんだかつまらなくなる恐れもありますので、ある程度参加者が興味の持てる内容やエピソードなどを交えながら言葉を話す必要性が高くなります。 楽しさの中にも礼儀がある事を忘れないようにしなければいけませんし、多くの人の来て良かった、これからも新郎新婦を応援しようという気持ちになるような結婚式にしないといけません。 これからの二人の門出を心から応援する結婚式にしたいものですね。

サイトマップ

Top