iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

知っておきたい!YouTubeのトラブルシューティングの対策法

このページは、YouTubeの動作停止・・遅い・止まる・音が出ない時などの対処法がまとめてあります。

Part 1.YouTube動作停止?

Youtubeの動画を見ていると、途中で止まることがあります。普通にサクサクと見れていたのに突然見れなくなるような場合は、youtube側のシステムトラブルというのが一番に考えられます。その場合は時間を置いて見直すしか方法はありません。もう一つが、最初から遅くて途中で停止してしまうような場合は、youtube側の問題というよりは、ご自分のPCの環境の問題か、通信回線の通信速度が遅いためである可能性が高くなります。

Part 2. YouTubeが遅い

Youtubeの動画をストリーミングで見ていて遅くなる場合の対処方法としては、一番早いのが見るときの解像度落とせば、早くなります。

解像度の落とし方
●youtubeで見たい動画を表示させます。
●表示させると再生画面の右下にある歯車を選択して解像度の一覧を表示させます。
●表示されている数字の小さいほうが解像度が低くなり、通信量が少なくなりますので、通信速度が早くなります。そうすると問題が解決できます。


Part 3. YouTubeの動画が遅くなったり途中で止まったりする場合の対処方法として

YouTubeが突然動作を停止してしまうことがあります。 この場合には何をどうすればいいのかわからない人が多いと思います。 いろいろな問題がありますが、通信速度やPCのソフトてきな環境の場合であれば、PCを再起動させればどう差し出すことがあります。

PCを再起動しても、同じように停止する場合は、ハードウェアの問題と思っていて間違いありません。一番多いのがPCの処理能力にグラフィックボードがついていっていないケースが多いです。グラフィックボードのドライバーを最新のものに入れ替えたら動作することもあります。それでも動作しない場合は、グラフィックボードを高性能のボードに入れ替えたほうがいいです。

Part 4. YouTubeは音が出ない

Youtubeの動画再生中に音が出ないということはよくあります。 考えられることとして、まずはパソコンの音声がオンになっているかどうかを確認してください。パソコンのスピーカーがオンになっていれば、ボリュームが「0」になっていないかを確認してください。
パソコンのボリュームはきちんと出るようになっている場合には、youtubeの動画プレイヤーの左下隅にある「ボリュームコントロール」を調整してみてください。
これでもダメな場合には、ブラウザーの再起動をしてみてください。
これでもダメな場合は、パソコンを再起動してからもう一度動画を視聴してみてください。
それでも聞こえない場合は、FlashPlayerを最新版に更新をしてみてください。
それでもダメな場合は、パソコンの音声自体が壊れている可能性がありますので、音楽か映画を再生してみて音が出るかどうかを確認してみてください。
これでもダメな場合は、間違いなくパソコンの音声部分が壊れていますので、パソコンの修理が必要になります。

Part 5. YouTubeの広告ブロッカー

Youtubeの動画をみると広告がでてきて面倒だ、という方のために広告を見なくて済む方法があります。
●動画ページを開くと広告が流れてきます。
●その時に、コンソールを開いて下記を入力してください。
  Chromeの場合:Ctrl+Shift+J
  Firefoxの場合:Ctrl+Shift+K
●これだけで広告が流れなくなります。

Part 6. YouTubeの再生履歴のクリア

メニューで履歴を選択すると、過去に見た動画が最近見た動画から順に一覧表示されます。 削除したい動画にチェックをいれて、削除ボタンを押せば簡単に削除します。 履歴全体を削除したい場合には、「再生履歴を一時停止」を選べば、見た動画が履歴に記録されません。

ホーム > 製品活用ガイド > topic > 動画まとめ > YouTubeのトラブルシューティングの対策法

サイトマップ

Top