製品登録と接続

製品版と無料体験の違い

 まず、製品版と無料体験版の違いを紹介します。
 製品版の場合、「TunesGo」のすべての機能が自由に使えます。
無料体験版の場合、音楽、ビデオ、写真、連絡先を10個ずつ転送することができます。

 ※本ソフトを購入する前に、まず転送機能を試用したい方は下記の画面が出る場合、「試用を続ける」をクリックすれば、次のステップに進めます。
 また、製品版と無料体験版の詳しい区別も下記の画面で確認できます。

アカウントへのアクセス

 まず、ソフト「TunesGo」の無料体験のダウンロードを行い、ソフトをインストールします。そして、インストールした「TunesGo」を起動してください。

 製品の右上にある鍵のようなアイコンをクリックしてください。
 ※右側の鍵のようなアイコンがない場合、ここから読んでください。

製品登録

 上述の操作を行うと、右側の画面がポップアップされます。

 既にオフィシャルサイトで製品「TunesGo」を購入した方は、製品を購入する時お使いのメールアドレスとそのメールで受け取った登録コードを入力してください。
 ※登録コードをコピーする時、スペースを入らないようご注意ください。
 既に「TunesGo」を購入した方なら、このステップを完成したら、製品版の「TunesGo」を使うことができます。

 まだ「TunesGo」を購入していない方なら、右下にある「新規アカウント作成」をクリックしてください。
 ※新規アカウント作成は無料ですから、ご安心ください。

製品登録

 「利用規約」と「プライバシーポリシー」を確認した上に、お使いたいのメールアドレスとパスワードを入力してください。
 入力したそれらのものは、今後アカウントをアクセスする時のIDとパスワードです。大切に保管してください。
 入力した情報が間違いないと確認したら、「アカウントの作成」をクリックしてください。

製品登録

製品のご購入

 ※既にオフィシャルサイトで「TunseGo」を購入した方はこの部分を飛ばしてください。

 アカウントを作成するだけでは製品登録になりません。アカウントを通して、製品を購入する必要があります。
 製品を購入するには、まず製品画面の右上にある胸像画のようなアイコンをクリックしてください。

 下記のようなウィンドウがポップアップされたら、「TunesGo」の行にある「購入」ボタンをクリックしてください。そして、オフィシャルサイトの購入ページが開かれます。 購入ページにて、ご要望に応じるライセンスタイプと支払い方法を選んで、購入手続きを進行しましょう。

 ※お客様情報のメールアドレスを記入する時、ご利用のTunesGoアカウントと同じメールアドレスを使ってください。

iPhoneの接続と簡単管理

 ①iPhoneとパソコンでUSBテザリングをします。
 ②TunesGoを起動します。
 ③iPhoneで「信頼」をタップします。
 それで、iPhoneとパソコンの接続が完成しました。

・情報確認
 iPhoneとパソコンでUSBテザリングして、TunesGoを起動したら、下記の画面が表示されます。 iPhone画像の下にある「詳細」をクリックすれば、スマホの情報が確認できます。

・デバイスの切り替え
 製品画面左上にある「▼」ボタンをクリックすれば、いつもデバイスの切り替えができます。パソコンにいくつのデバイス(iOS/Android/iPod)を管理する時に便利!

音楽·動画管理

音楽管理

 「音楽」タグをクリックすれば、スマホの音楽管理画面が現れます。 左側のリストはiPhoneのプレイリストで、右側は選択したプレイリストに含まれる曲です。
 左側の「音楽」を選択した場合、右側に表示されるのはiPhoneにあるすべての曲です。

▼一般管理

・パソコンからiPhoneに音楽を転送したい場合、「追加」ボタンをクリックしてください。フォルダをまるごと追加することが可能です。
・iPhoneからパソコン・他のデバイスに音楽を転送したい場合、転送しようとする曲の前にチェックマークを入れて、「エクスポート」ボタンをクリックしてください。
・iPhoneから音楽を削除したい場合、削除したい曲の前にチェックマークを入れて、「削除」ボタンをクリックしてください。
・「再読み込み」をクリックしたら、iPhoneにある曲の現状が見れます。
・「 」をクリックすれば、曲はジャケット画像で表示されます。
 「 」をクリックすれば、曲は曲名リストで表示されます。
*因みに、「名前」の前にチェックマークを入れたら、今表示されるプレイリストのすべての曲が選択されます。

▼重複曲の排除

 iPhoneに同じ曲を入れた恐れがある場合、「重複排除」をクリックしてください。グループ別で条件を絞って、同じ曲を検索しましょう。そして、「削除」ボタンをクリックすれば、重複の曲が削除されます。
 *クラウドの曲は削除できません。

▼音楽情報の修復

 CDから取り込んだ曲の曲名、歌手名など情報が常に表示されません。TunesGoを使って、簡単補足できます。

・一括修復
 名前の前にチェックマークをクリックして、すべての曲を選択することができます。
 また、音楽情報を修復したい曲の前にチェックマークを入れてください。
そして、右ボタンをクリックして、「音楽情報を編集」を選択してください。ソフトの指示を従って、欠落したすべての音楽情報が補足できます。

・曲ごとで情報修復
 方法①、修復しようとする曲にマウスを置いていください。その行の一番右に鉛筆のようなアイコンが現れます。その「」をクリックすれば、音楽情報修復の画面が右からポップアップされます。
「音楽情報を修復」ボタンをクリックすれば、間もなくその曲の音楽情報が修復されます。
 自動修復の内容が間違ったところがあると思う場合、キーボードで修正することもできます。「保存」ボタンをクリックすれば、その曲の音楽情報修復が完了します。

 方法②、修復しようとする曲に右クリックしてください。「音楽情報を修復」をクリックしてください。ソフトの指示を従えば、間もなく曲情報の修復が完了します。

▼ショートカットメニュー(右ボタン/副ボタンの活用)

・曲に右クリックする時、「削除」、「音楽情報修復」、「エクスポート」「プレイリストに追加」することができます。
 また、「詳細情報」より、曲の「保存先」、「フォーマット」、「サイズ」、「長さ」、「作成時刻」を確認することも可能です。
・プレイリストに右クリックする時、「新規プレイリスト作成」、「名前の変更」、「PCへエクスポート」、「iTunesにエクスポート」、「削除」ができます。

動画管理

 「ビデオ」タグをクリックすれば、iPhoneのビデオアプリに保存されるムービーをチェックできます。
 *ここでチェックできるのはパソコンからiPhoneにインポートしたビデオです。
 iPhoneで撮ったビデオを管理したいなら、「写真管理」を参照してください。

・「追加」ボタンをクリックして、PCからiPhoneにビデオを転送することができます。ファイルごとで転送することはもちろん、フォルダをまること追加することも可能です。 
・「エクスポート」ボタンをクリックして、iPhoneからビデオをPC・iTunesに取り出すことが可能です。
・「削除」をクリックすれば、選択したビデオを削除します。

 *TunesGoはいろんな形式のビデオをiPhoneで再生できる動画形式(mp4)に変換することが可能です。
 例えflvやvobの動画をiPhoneデバイスに追加する場合、下記のウィンドウが表示されます。「変換してから転送」をクリックすると、追加しようとする動画はmp4に変換した上に、iPhoneに転送されます。

▼ショートカットメニュー(右ボタン/副ボタンの活用)

・ビデオに右クリックする時、「削除」、「名前の変更」、「エクスポート」の操作が行えます。 また、ビデオの「詳細情報」が見れます。
・左側の選択肢に右クリックする時、選択したフォルダをまるごとエクスポートすることができます。

写真管理

写真とビデオの管理

 「写真」タグをクリックすると、iPhoneの写真アプリに保存される写真とビデオがチェックできます。
 左側の枠で表示されるのはiPhoneのアルバムフォルダです。
 右側の枠で表示するのは対応のアルバムにある画像・ビデオです。

・写真の追加
 まず、左枠の「フォトライブラリ」をクリックしてください。
 そして、「追加」ボタンをクリックして、パソコンにある写真・画像をiPhoneに転送します。
 *ビデオをiPhoneに追加したい場合、「動画管理」を参照してください。

・写真・ビデオのバックアップ
 「エクスポート」ボタンを利用して、iPhoneにある写真・画像をパソコン/他のデバイスに転送・バックアップすることが可能です。
・写真・ビデオの削除  
 「削除」ボタンをクリックしたら、選択した写真を削除します。
・GIF動画を作ろう
 「GIFメーカー」は選択した写真、あるいはビデオを1枚のGIF画像に作成する機能です。この機能について、「GIF動画の作成」をご覧ください。

GIF動画の作成

・複数の写真を1枚のGIF動画に
 TunesGoはいくつの写真を1つのGIF動画に作成することができます。
①1枚以上の写真を選択して、「GIFメーカー」のボタンをクリックしてください。
②下記の画面で画像の表示順番を調整して、「GIFを作成」を押せば、間もなくGIF動画が作成されます。
 *選択した画像を削除したり、Macから新たな画像を追加したりすることも可能です。

・1つのビデオを1枚のGIF動画に
①GIF動画に作成しようとするビデオを選択してください。
②下記の画面にて、スタートの時間と長さを調整して、「GIFを作成」をクリックしてください。

情報管理

連絡先管理

 「情報」タグをクリックすれば、下記の画面が表示されます。

・連絡先の追加
 方法① 簡単追加、右側に名前、電話番号、メールアドレス、グループを入力して、新しい連絡先を簡単保存します。
 方法② 一括追加、「インポート」ボタンをクリックして、対応形式の連絡先をiPhoneに一括追加します。

 方法③ カスタマイズ追加、「追加」ボタンをクリックして、下記の画面で一般情報とメモなどカスタマイズ情報を入力して、iPhoneに保存します。

・連絡先のバックアップと転送
 バックアップ/転送しようとする連絡先を選んで、「エクスポート」ボタンをクリックし、連絡先をパソコン/他のデバイスにバックアップします。
・連絡先の削除
 「削除」ボタンをクリックしたら、選択した連絡先をiPhoneから削除します。

・連絡先の統合
 「統合」ボタンをクリックすれば、TunesGoは重複の連絡先を検索します。検索条件を絞ることもできます。

SMS管理

 SMSをクリックして、iPhoneのメッセージアプリに保存されるメッセージをチェックすることが可能です。そして、「エクスポート」を押せば、選択したメッセージを「.html」、「.csv」にバックアップすることができます。

アプリ管理

 「アプリ」タグをクリックして、iPhoneにインストールされるアプリは一目瞭然です。
 *システムアプリが含めていません。

・アプリのインストール
 パソコンにiPhone向けのアプリがある場合、「インストール」ボタンをクリックして、そのアプリをiPhoneにインストールすることができます。
・アプリのアンインストール
 削除したいアプリの前にチェックマークを入れて、「アンインストール」ボタンをクリックします。
・アプリのエクスポート
 「エクスポート」ボタンをクリックしたら、選択したアプリをパソコンにエクスポートします。但し、ご利用のデバイスはiOS9.0以降の場合、アプリケーションをPCへエクスポードすることができません。

他のファイル管理

 「ファイル管理」のタグを押せば、下記の画面が現れます。
 この機能を使って、なんとiPhoneをUSBディスクとして使えます。

本体ファイルの管理

 すべてのファイルを管理することができませんが、iPhoneにある一部のファイルをここで削除、エクスポートすることができます。

USBディスクとして

 左側の「USBディスク」をクリックして、そこでフォルダ/ファイルを追加・エクスポートすることができます。勿論、削除も可能です。
 *iPhoneをUSBディスクとしてそれぞれのパソコンで使いたいなら、両方のパソコンともTunesGoをインストールする必要があります。

マークの活用

 どのファイルを他のパソコンにコピーするのを忘れないよう、そのファイルに右クリックして、マークすることができます。
 そうすると、マークのところでマークしたファイルがチェックできます。

ツールボックス

 「ツールボックス」をクリックして、下記の画面が表示されます。一部の機能がTuneGoのメイン画面にもあります。

・iTunesライブラリを再構築
 iPhoneにある音楽・ビデオ・プレイリストをiTunesにコピーする機能です。新しいパソコンに切り替える時おすすめの便利機能です。

・iTunesメディアをデバイスに転送
 iTunesにあるメディア・プレイリストをiPhoneに転送する機能です。

・他のデバイスにデータを移行
 パソコンに複数の端末を接続する場合、メディアファイル・プレイリスト・ビデオ・画像・連絡先などのデータを今管理中のiPhoneから他の端末に転送する機能です。

 ・ワンクリックでROOT
 この機能はAndroid向けです。

 ・GIFメーカー
 パソコンにある画像・ビデオをGIF動画に作成できます。例えパソコンにどのデバイスも接続していなくても、この機能が使えます。

環境設定

 「 」をクリックして、「詳細設定」を押してください。ここでソフトの言語を設定することができます。また、Android系デバイスのデフォルト保存先も設定できます。

動画ガイド

後ほど更新します