iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPadの写真を外付けHDDメモリに転送方法

iPadで写真を撮る方が増えています。その理由は画面の広さです。ですが、そんな写真を沢山とっていると心配なのは容量です。16GBや32GBと容量の幅が広いのが沢山ありますが、一年も利用するとすぐ満杯になります。ではその溢れたデータはどうするかというとPCに移動される方が多いと思いましす。ですがPCの容量がいっぱいなってしまうときに、どうしますか?
そこで今小型化が大きく取り上げている外付けHDDです。ポータブルHDDなど、とにかく持ち歩きに便利なサイズがどんどん開発されています。そんな外付けHDDがあればどこでもデータの移動が可能ですし、PCの荷物にもならないです。プロだったら、簡単に移動することができますが、初心者だと、転送する方法がわからない方が多いでしょう。
そしてそんな面倒な外付けHDDへの転送をサポートしてくれるソフトがあります。それはWondershareのTunesGo(Win版)です。このソフトがあると、簡単に外付けHDDへの転送が可能になります。
マークしてPCで無料体験する :

iPadの写真を外部付けHDDに転送する

1.ソフトのインストールを完了させて、iPadをPCに繋ぐだけで自動的に認識してくれます。


2.そして転送したい写真ファイルを選択して、外付けHDDに転送します。

①写真を選択して、外部付けHDDに転送します。


②写真フォルダごとに外部付けHDDに転送します。

ただこれだけの動作でデータの転送を完了する事が出来ます。また、それだけではなくこのソフトはカテゴリごとに自分で写真のデータを分けることが出来ます。つまり、データの管理がしやすくなります。なのでデータの転送に関して、分からなくなるという不安も無くなります。

TunesGo(Win版)』を使って外付けHDD上でもカテゴリごとに分けて転送できるので、凄くは把握がしやすくなります。そんな難しい操作もこのソフトがあれば簡単に実行する事が出来るので、それだけでも購入してよかったと思えるソフトです。操作も簡単で機能も多機能という夢のようなソフトです。是非、外付けHDDにデータを転送して快適な写真生活を送ることをお勧めします。

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > iOSデータ管理・移行 > iOSからPCへ > iPadの写真を外部HDDメモリに転送方法

サイトマップ

Top