ディスククリーナー

ジャンクファイルや不用なファイルとは何でしょうか?


Windows アプリケーションは、データを一時的に保存するために、ハードディスク上に、多くのファイルを作成します。これらのファイルは、アプリケーションが終了する際に、削除されるものと想定されています。しかし、しばしば、プログラムのエラーや、設計上の不注意、システムのリセットや適切に終了されなかったり、他のアプリケーションの無応答状態や強制終了により、削除されないことがあります。時が経つに連れ、ジャンクと不用なファイルはメガバイト単位の無駄なハードディスクの領域を占め、エラーを引き起こす可能性のある、ドライブのクロスリンク参照になることがあります。


なぜ、ディスククリーンナップを使うのか

時が経つに連れ、ジャンクと不用なファイルはメガバイト単位の無駄なハードディスクの領域を占め、エラーを引き起こす可能性のある、ドライブのクロスリンク参照になることがあります。ディスククリーナーは、 ハードディスクから、不用なファイルと 空き領域を 簡単に見つけられるようにします。


使い方

このトピックでは、 ディスククリーナーを使い始める際の助けになる基本的な情報を提供します。


ステップ 1: ディスククリーナーを開始する

メインウインドウから、 Check & TuneUpカテゴリに切り替えてから、 ディスククリーナー をクリックしてプログラムを開始します。

モジュールを起動すると、ウィザードが自動的に開いて、すべてのディスクをスキャン、あるいは、ディスクを直接指定して選ぶことができます。


ステップ 2: ディスクをスキャンする

ハードドライブの解析を起動して開始する。メインインターフェースから、 スキャン開始 (または、 再スキャン)をクリックします。

ディスククリーナーは、ディスクの解析とスキャンをします。プログラムウインドウは、解析する個々のセクションを表示します。エントリの前にある 青い矢印は、対応するセクションが現在分析中であることを示します。緑色のチェックマークは、そのセクションの分析が完了していることを示します。上部にある進捗バーは、分析全体の進捗を示します。

ディスクのスキャン中でも、 キャンセルをクリックすることで中止出来ます。


ステップ 3: 不必要なファイル(ジャンクや孤立ファイル)をクリーニングする

分析が完了すると、ディスクの状態のスナップショットを見ることができて、 (可能な場合に) どの程度の領域を 空けられるかを見ることができます。

すぐにクリーンナップを選ぶと、不要なファイルを完全にクリーンナップできます。クリーンナップする項目をカスタマイズするには、詳細をクリックして、項目のリストをご覧ください。新しいウインドウが開き、カテゴリの詳細を確認して、ボタンをクリックするだけでクリーンナップする項目を選択できます。 clean. その 項目の詳細については、クリックすると表示されます。そうすると、その 項目の完全な詳細が ウインドウのトップに表示されます。
ディスククリーナーは、デフォルトでは、検出した すべての不要なファイル をクリーンナップするよう設定されています。このため、リストの各エントリの四角にチェックが付いています。もし、特定の 履歴をクリーンしたくなければ、四角を一度クリックして、チェックマークを外して、 そして 確認ボタンをクリックしてください。そうすれば、アプリケーションは、その特定の項目をクリーンナップの際に、単に無視します。

作業が完了すると、 完了 ボタンをクリックして、 メインインターフェースに戻ることが出来ます。