IE 修復

IE 修復は、IE の問題を修正し、IE の機能を向上させます。 3つの機能が含まれてます: シンプルリペア ディープクリーンリペア、そして、リインストールクリーンリペアです。必要に応じて、どれか一つのIE修復機能を選択することが出来ます。


使い方

ソリューション 1: シンプルリペア

シンプルリペアは、簡単にIEの設定をカスタマイズでき、IEをもっと安全に便利に使用できるようにします。

  • デフォルトのブラウザ設定
    プルダウンメニューで、インストールしたブラウザの中から、デフォルトのブラウザを選ぶことが出来ます。
  • ホームページ設定
    ホームページは、IEを開いた時に、最初に自動的に開くwebサイトのことです。ここでは、好きなホームページを設定したり、空白を使用することができます。空白を使用をクリックして、空白のページが設定することも、ホームページのアドレスを入力することも出来ます。
  • デフォルトダウンロードディレクトリ
    webページから記事や何かの項目をダウンロードする際に、度々、適切なディレクトリを保存先に指定するよう尋ねられるのであれば、 IEのデフォルトディレクトリを、設定あるいは変更する必要があります。
    単に、 既存のディレクトリを入力するか、参照 をクリックして、ダイアログで保存先のフォルダを指定してください。
  • IEファイルメニューで「名前をつけて保存」
    webページから記事や何かの項目をダウンロードする際に、度々、適切なディレクトリを保存先に指定するよう尋ねられるのであれば、デフォルトディレクトリを、設定あるいは変更する必要があります。
    既存のディレクトリを入力するか、 参照 をクリックして、ダイアログで保存先のフォルダを指定してください。
    選択したら、適用 ボタンをクリックして修復を開始してください。IEの修復が行われましたら、完了ボタンをクリックしてメインインターフェースに戻ってください。

ソリューション2: ディープリペア

ディープリペアは、IEのホームページ、IEのアドレスリスト、レジストリ、IEのコンテキストメニュー、このステップで見られるIEのソースを修復することが出来ます。修復した後では、IEのアプリケーションの設定は以下のようになります:

  1. ホームページ:空白を使用
  2. コンテントパスワード:無し
  3. アドレスリスト:無し
  4. コンテキストメニュー:有効
  5. ソース:有効

単に、次へをクリックすると、IEをリストアし、キャンセル をクリックすると戻ることが出来ます。
IEの修復を行われましたら、完了ボタンをクリックしてメインインターフェースに戻ってください。

ソリューション 3: ブラウザの再インストール

ソリューション 1とソリューション2によるIEの修復に失敗し ているなら、IEを再インストールするか、FireFox、Google Chrome等の他のブラウザに切り替えることを提案します。