サービス管理

サービス管理とは?

Microsoft Windows オペレーティングシステムでは、Windowsサービスは、長時間稼動する実行形式で、特定の機能を実行し、ユーザーの相互作用が必要ないものです。Windows サービスは、オペレーティングシステムが起動した時にバックグラウンドで起動してWindowsと同時に稼動するか、必要時に、手動で開始します。これは、Unixのdaemonと同様の概念のものです。Windwosのタスクマネージャのプロセスリストに、その多くがユーザー名としてSYSTEMLOCAL SERVICEまたはNETWORK SERVICEのものとして表示されますが、ユーザー名SYSTEMのサービスがすべてではありません。残りのサービスは、svchost.exe によってDLLとしてメモリに読み込まれます。

起動タイプによって、サービスは、「自動」、「手動」、「無効」に分けられます。

A. 「自動」は、システムの開始と同時にスタートするか、最初のサービス使用時にスタートするものを指します。

B.「手動」は、システムがロードする前に、ユーザーが手動で起動するまで、有効にならないサービスを指します。

C. 「無効」は、それらが自動的にも手動でも、有効にならないものを意味します。


なぜ、サービス管理を使用するのか?

サービス管理は、Windowsサービスのパフォーマンスとセットアップを改善するために異なるレイアウトを提供します。必要に応じて、5つのプロファイルからどれか一つを選んでください。ホームスクリーンのサービス管理をクリックして、この機能の画面にアクセスできます。

  • 推奨サービス: パフォーマンスと機能のバランスの良い組合せで、すべてのコアサービスを有効にします。機能とスピードを調和させます。
  • 最大パフォーマンス: パフォーマンスと最速の起動時間には、この最大パフォーマンスをお選びください。このオプションでは、コアWindows サービスを有効にします。
  • スペシャルカスタマイズ: このオプションでは、3つの特別なモードを提供します、 セキュリティモード、ネットモード、そしてスタンドアローンゲームモード. 必要に一番適したプロファイルを選択してください。
  • デフォルトに復元: サービスを元の状態に戻したい場合、 デフォルトに復元をクリックします。あなたのサービスは、最後にコンピュータにインストールされた再の、それらのオリジナルの実行状態にリセットされます。
  • 上級管理: 上級ユーザーなら、システムサービスを管理して、サービスパラメータを自分で設定できます。

使い方

ステップ 1: サービス管理を乖離する

Check & TuneUp モジュールから、サービス管理ボタンをクリックして プログラムを開始します。

ステップ 2: お客様のニーズに最も適したモードを探します

サービス管理メインウインドウから、必要に応じたモードを選び、開始 をクリックしてシステムサービスの管理を開始します。

ステップ 3: システムサービスの管理

すぐに適用するには、単に、ツールバーの適用ボタンをクリックして、推奨を実行しましょう。

適用中、進捗バーは、サービス管理がどの程度、サービスの最適化処理を進めたかを表示します。サービス管理モジュールは、サービスを1つずつ、不要なエントリとキーをサービスから停止させます。処理が完了するまでお待ちください。

モジュールが処理を完了すると、メッセージが現れて、すべてのサービスが最適化されたことを知らせます。

自身でサービスパラメータを指定する場合には、メインウインドウのシステムサービスリストにシステムサービスが表示されています。初めに、特定するために、サービスのリストを確認して、最適化したいサービスを選択します。

最初のカラムは、サービス名、各サービスエントリの名称が表示されています。本ユーティリティは、すぐにサービスが必要かどうかを表示します。サービスリストには、開始サービス(推奨)、停止サービス(推奨)、オプションの文言が含まれています。各項目の詳細については、クリックすると表示されます。そうすると、その 項目の完全な詳細が ウインドウのトップに表示されます。サービス管理コンソールは、サービスの機能の概要を表示し、サービスの実行形式の名称、その現在の状態、スタートアップタイプ等を表示します。サービスを管理する際、問題解決のために、オペレーティングシステムサービスを隠すことが出来ます。状態とスタートアップタイプのカラムでは、選択したサービスの開始と停止ができるインターフェースを提供します。矢印は、開始と停止、自動または手動のスタートアップタイプを設定できることを示します。

  • サービスを開始: 起動したいサービスを選んで、開始ボタンをクリックします。
  • サービスを停止: 停止させたいサービスを選んで、停止ボタンをクリックします。

システムサービスが最適化されたら、 完了 をクリックして、メインインターフェースに戻ります。