Wondershare Software

エンド利用者使用許諾契約書

重要:これはライセンスに関する契約内容で、販売内容ではありません。

Wondershare Softwareのエンド利用者使用許諾契約書(以下、契約、契約書、ライセンス、EULAとする)はエンド利用者(以下、利用者、ライセンス所有者もしくはライセンシーとする)とWondershare Technology Group Co., Ltd, Wondershare Software Co., Ltd、その子会社であるVbroadcast Limited, Wondershare Technology Co., Limited(以下、Wondershareもしくはライセンサー、当社とする)、プログラムやソフトウェアの開発者や所有者(以下、ライセンス化されたソフトウェア、Wondershareソフトウェア、ソフトウェア)の間で結ばれるものとします。

重要:Wondershareの個人情報保護方針では、弊社がどのように個人データを収集し、取り扱い、弊社のソフトウェアとサービスを利用するユーザのプライバシーを保護しているのかについて説明されています。ユーザは、ウェブサイト上でWondershareにより発行された個人情報保護方針またはプライバシー通知に拘束されることに同意したこととします。WondershareのエフェクトストアFilmstockのソフトウェアやド資料、コレクション(以下、まとめて「ソフトウェア」と呼ぶ)をダウンロードまたはアクセス、インストール、使用することで、ユーザは本契約の以下の条件に拘束されることに合意したこととします。

本契約書の内容を十分に理解してからソフトウェアをダウンロード/インストールするようにしてください。第3, 5, 14, 15, 16, 19の条項について特に注意を払うようにしてください。本エンド利用者使用許諾契約書(EULA)に同意できない内容がある場合、または質問がある場合はWondershareまでご連絡ください。 利用者によるライセンス化されている本ソフトウェアのインストール/コピー/アクセス/利用は本EULAに記載されている全ての契約条件に同意し、順守することを合意したとみなされます。

契約条件:

1. ライセンス化されたソフトウェア

「ライセンス化されたソフトウェア」は全てのファイル、ディスク、CD-ROM、DVDやEULAで記載されているその他のメディアなどのことを指し、それにはライセンサーがライセンス化したソフトウェアに含まれている第三機関のコンピュータ情報またはソフトウェア、またはライセンス化されたソフトウェアに関連する文書化された資料やファイル(「ドキュメント」)、フォント、またはライセンス化されたソフトウェアのアップグレード/改造/更新/追加/コピー(以下まとめて「アップデート」)などが(これに限らず)含まれます。

2. ライセンス許諾条項

本契約書の条件に従い、Wondershareは利用者(個人)に対して1台のデバイスでソフトウェアをダウンロード/インストール/アクティブにする権利(限定的/撤回可能/非包括的/譲渡負荷)を個人利用のみが目的(非営利目的)であることを前提に譲渡することとします。他者とソフトウェアを共有する、またはソフトウェアのコンテンツを他者に見せる行為はライセンス侵害に当たります。事前にWondershareからマルチユーザライセンスを購入していない限り、ソフトウェアをネットワーク上にアップするまたは複数のユーザに提供することは禁じられています。Wondershareは、本契約において利用者に明確に付与されていないすべての権利を留保します。

Filmoraソフトウェアには個人が利用する個人プランと商用目的のビジネスプランという2種類のライセンスがあります。この詳細に関しては、エンド利用者使用許諾契約書追加条項(FILMORA)をご覧ください。

3. ライセンスの制限

  1. 3.1. ライセンス所有者はライセンス化されたソフトウェアやドキュメントのいかなる部分についても他者に改造、改変、解読、サブライセンス、貸出、リース、ローンさせてはならず、またこれに同意することとします。
  2. 3.2. ライセンス所有者は他者にライセンス化されたソフトウェアやドキュメントのいかなる部分から派生した作品を制作させてはならず、またこれに同意することとします。ライセンス所有者はリバースエンジニアリングやデコンパイル、ディスアセンブルまたはその他の方法によってライセンス化されたソフトウェアのソースの解読を試みてはならないこととします。
  3. 3.3. ライセンス所有者はライセンス化されたソフトウェアの代替メディアやアップグレード版を入手した際、過去のバージョンを他者に使用させてはならないこととし、またそれに同意することとします(その場合、過去のバージョンについては破棄すること)。
  4. 3.4. ライセンス所有者は自身または他者にライセンス化されたソフトウェアを怪我や死、環境へのダメージを生じさせる可能性のあるいかなる事業、航空機、船、原子力施設、ライフサポートマシン、放送システムやその他の機器の運用に使用させてはならないこととし、またこれに合意することとします。
  5. 3.5. ライセンス所有者は自身または他者にライセンサーがライセンス化されたソフトウェアやドキュメントに含んでいるライセンサーもしくは第三機関の著作権または商標を削除または隠ぺいさせてはならないこととし、またこれに同意することとします。
  6. 3.6. ライセンス所有者は自身または他者にライセンス化されたソフトウェアを用いて施設管理、タイムシェア、サービスプロバイダー、サービスビューロー契約の一部として、第三機関向けアプリを提供させてはならないこととし、またこれに同意することとします。
  7. 3.7. ライセンス所有者は、ライセンサーが事前に許可していない限り、ライセンス化されたソフトウェアを一つのデバイスにインストールした後、他のデバイスにインストールしないことに合意することにします。
  8. 3.8. ライセンス所有者は他者にライセンス化されたソフトウェアを違法な方法または本EULAで認められていない方法で使用させてはならないこととし、またこれに合意することとします。

4. インストール

ライセンス所有者は1台のデバイスにライセンス化されたソフトウェアのコピーを1つインストールすることとします。ライセンス所有者はライセンス化されたソフトウェアがインストールされたデバイスのメインユーザでなければなりません。本契約はライセンス化されたソフトウェアのいかなるインストールにも適応されます。ライセンス化されたソフトウェアを2台以上のデバイスにインストールすることは禁止されています。2台以上のデバイスにライセンス化されたソフトウェアをインストールしたい場合、ライセンス所有者は複数ライセンスを購入する必要があります。ライセンス化されたソフトウェアのインストールまたは利用に伴い発生した費用に関する責任は全てライセンス所有者にあることとします。

5. ソフトウェア改良プログラム

Wondershareは本契約書に明記されている事項を除き、利用者のプライバシー保護に尽力しています。Wondershareのソフトウェア改良プログラムの匿名データ収集プロセスやその使用方法はプライバシー保護の一貫となっています。

ソフトウェアやその機能、ユーザエクスペリエンスを向上するために、当社はWondershareソフトウェアの様々なモジュールや機能の利用状況に関する情報を自動で収集、保存、処理、使用しています。ソフトウェアの利用状況を統計的解析にかけるために情報は匿名で収集されています。

当社はこれらの情報をユーザに最高のソフトウェアエクスペリエンスを提供するという目的にのみ利用します。収集されたデータに関してはいかなる第三機関に対してもマーケティングを目的として開示、共有、販売、取引、レンタルされることはありません。本サービスの利用を望まれないユーザは、インストール時にオプションメニューで除外することができます。

6. 起動

ライセンス化されたソフトウェアにはライセンス無しでの利用や違法な利用を防ぐための技術的措置がとられています。ライセンス化されたソフトウェアにはそのインストールまたはアンインストールに関してその回数と購入されたライセンスに定められている期間により制限をかける強制技術が含まれています。ライセンス化されたソフトウェアはインストール時またはドキュメント内で起動する必要がある場合があります。必要な起動手順が踏まれなかった場合、ライセンス化されたソフトウェアは一定時間のみしか動作しません。起動が必要であるにも関わらずライセンス所有者がドキュメントに定められたもしくはインストール時に説明された一定時間内に起動を完了させなかった場合、起動が完了するまでソフトウェアは動作を停止します。起動完了後には機能が復帰します。起動に関する問題が生じた場合、ライセンス所有者はライセンサーのカスタマーサポートにお問い合わせください。

7. 体験版

ライセンス所有者はライセンス化されたソフトウェアの体験版を定められた期間(お試し期間)無料で利用することができます。体験版では特定の機能は使用できないようになっています。全ての機能を利用するためにライセンス所有者はライセンスアクティベーションキーを購入する必要があります。ライセンス所有者がライセンスキーを用いてライセンス化されたソフトウェアを起動した瞬間から体験版ではなくなるため本契約内容の全ての内容が適用されることになります。

8. 期間

ライセンシーが購入することのできるライセンスにはいくつかの種類があります。ライセンシーがライフタイムプランのライセンスの購入を選択した場合、利用者は永続的にライセンスを使用することができます。ライセンスを特定の期間限定で購入することを選択した場合、そのライセンスは特定の期間のみご使用いただけます。利用者は全てのコピーと共にソフトウェアを破棄することで契約を終了することができます。本契約内容が順守されなかった場合、自動的に契約は終了となり契約の効果は失効します。利用者はライセンスの終了後即座に全てのコピーと共にソフトウェアを破棄し、その使用を停止することとします。

9. ライセンスの譲渡

ライセンサーによって事前に文書化された同意書が無い場合、ライセンス所有者はライセンス化されたソフトウェアまたは本EULAにより与えられたライセンスをレンタル、リース、販売、アサイン、サブライセンス、再配布してはならないこととします。

10. ソフトウェアアップデート

ライセンサーは、本契約の期間中、随時無料でソフトウェア更新および/またはコンテンツ更新をライセンシーに提供することができます。ライセンサーは、独自の裁量により、ライセンシーがソフトウェアアップデートおよび/またはコンテンツアップデートを無料で入手できるか、ライセンシーがアップデートの料金を支払う必要があるかを決定することができます。この目的のために、「更新」とは、技術的修正、更新された情報、変更された機能、またはライセンサーがライセンス対象のあらゆる側面を改善または追加、削除、または変更することを意図したその他の変更を含む、ライセンス対象ソフトウェアの新しいバージョンを意味します。ソフトウェア。 「コンテンツの更新」とは、ライセンスソフトウェアによって使用されるコンテンツの更新を意味し、随時更新する場合があります。ライセンスソフトウェアのバージョン更新をする場合、ライセンシーは以前のバージョンの有効なライセンスを所有している必要があります。ライセンサーからライセンシーに提供される更新は、ライセンス交換に基づいて行われ、更新を受け取るための前提条件として、ライセンシーは以前のバージョンのライセンスソフトウェアを使用するライセンシーのすべての権利を終了することに同意します。ただし、ライセンシーは、更新されたバージョンへの移行を支援する目的でのみ、以前のバージョンを引き続き使用できます。更新がリリースされると、ライセンサーはライセンシーに通知することなく、以前のバージョンのサービスまたはサポートを停止することができます。ソフトウェアの更新および/またはコンテンツの更新は、ライセンスソフトウェアまたはライセンサーのWebサイトで提供される場合があります。このライセンスは、ライセンシーがソフトウェアアップグレードおよび/または新しいライセンスソフトウェアバージョンを取得して使用することを許可しません。ライセンスソフトウェアは、効果的に機能するためにコンテンツの更新を必要とする場合があります。ライセンサーは、アップデートされたソフトウェアまたはアップグレードソフトウェアで、新しい機能、音楽トラック、要素、写真、ビデオを追加したり、元の機能、音楽トラック、要素、写真、ビデオを削除したりできます。

11. 知的財産所有権

ライセンス化されたソフトウェアおよびすべての認証されたコピーはライセンサーの知的財産もしくはライセンサーにライセンス契約をしている第三機関の知的財産になります。ライセンス化されたソフトウェアの構造、組織、コードはライセンサーや第三機関にとって貴重な企業秘密であり極秘情報になります。ライセンス化されたソフトウェアは中華人民共和国、米国およびその他の国における著作権法および国際条約規定などの法律によって保護されています。本EULAに明記されていない限り、ライセンス所有者にはライセンス化されたソフトウェアに関するいかなる知的財産権も与えられることはありません。ライセンス所有者はライセンサーによる事前に文書化された同意書なしにライセンス化されたソフトウェアに関する公の声明を発表しないものとします。

ライセンシーは、ライセンスソフトウェアのオープンインターフェースプロトコルに基づいて適切にプラグインを開発し、ライセンシーの個々の正当なニーズに基づいてライセンスソフトウェアでそれらを使用することができます。ライセンシーが上記の許可を取得できない場合、他者の損失または損害を含むがこれに限定されないすべての法的責任はライセンシーのみが負うものとします。

12. サポート

本契約書において、ライセンサーにはライセンス所有者に対して技術サポートサービスを提供する義務はないこととします。しかし、ライセンス所有者は契約期間中にライセンサーから有償で提供される追加サポートサービスや無料のメールサポートサービスを要求することができます。メールサポートには、インストールやトラブルシューティング、アップグレード、メンテナンスをカバーするビジネスプライオリティテクニカルアシスタンスが含まれています。

13. Wondershareによる停止

第8条に明記されている通り、Wondershareは下記条件下に置いてライセンス所有者に通知書を送付することで即座に契約を停止する権利を有していることとします:ライセンス所有者が契約書で定められている義務に反する行為をして修復できない状態に陥った場合またはライセンス所有者が契約で定められている義務に反する行為をしたことに関してWondershareからの通知が届いてから15日以内に修復されなかった場合。契約の終了前から発生していたもしくは契約の終了後にも有効となることを意図した当事者らの権利、義務、法的責任に関しては契約の終了により影響受けることはないこととします。

14. ライセンス化されたソフトウェア:無保証

ライセンス化されたソフトウェアはライセンス所有者に「そのままの状態」で提供されます。ライセンサーやライセンサーサプライヤ、関連会社、代理店、社員がその利用や性能に関して保証するものではありません。ライセンサーやライセンサー関連会社はライセンス所有者の裁判管轄区域の法律で制限されていない限り第三機関の権利を侵害していないこと、その市場性、統合性、品質もしくは特定の目的への適合性に関する保証、条件、代表、契約内容(法令、コモンロー、慣習、利用などで明示または黙示された)を提供する義務はないこととします。

ライセンスソフトウェアの一部の機能(「制限機能」と呼ばれます)は、デバイスにインストールされている第三者のプラグインを使用することによってのみサポートされます。サードパーティのプラグインを使用しているのはライセンサーではなく自分であることに同意します。第三者のプラグインを使用するための適切な権限がない限り、ライセンスソフトウェアの制限された機能の使用はできません。さらに、そのような第三者のプラグインの使用に関して、利用者が全ての責任を負うものとします。

利用者は、適用される法律で許可される範囲で、Wondershareソフトウェアの使用は利用者の責任であり、満足のいく品質、パフォーマンス、正確性に関するすべての責任は利用者にあることを明示的に認め、同意するものとします。口頭または書面による情報、またはWONDERSHAREまたは認可された代理人からの助言は、保証を作成するものではありません。

本ソフトウェアには、「オープンソース」の素材が含まれている場合があります(オープンソースの対象となるソフトウェア、COPYLEFT、GNU GENERAL PUBLIC LICENSE、LIBRARY GENERAL PUBLIC LICENSE、LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE、MOZILLA LICENSE LICENSE LICENSE、 、APACHEまたはパブリックドメインライセンス、または類似のライセンスなどがこれに含まれます)。 WONDERSHAREは、本ソフトウェアに含まれているオープンソースの素材に関して、いかなる保証も行いません。責任の制限に関するこれらのEULAの規定が適用されます。

15. 責任の制限

いかなる状況においても、ライセンサーやライセンサー関連会社、社員、代理店が派生損害や訴訟、費用、派生損害、間接損害、特別損害、刑罰的損害、利益の損失に関して法的責任を有することはないこととします。それはライセンサーの代表または第三機関の代表者が損害や訴訟、費用や第三機関からの訴訟に関して助言を受けていたとしても同様になります。本制限はライセンス所有者の裁判管轄区域内の法律で認められた範囲で適用されることとします。本契約に関係するライセンサー及びライセンサー関連会社、社員、代理店の法的責任はライセンス所有者がライセンス化されたソフトウェアに対して支払った料金に限定されます。

本ソフトウェアが、Wondershareが法的責任を有する他者の権利の潜在的もしくは実質的侵害の申し立ての対象となった場合、ライセンシーは、その旨を伝えるWondershareからの(Eメールを含む)書面通知を受け取った際、迅速かつ合理的に本ソフトウェアの利用を中止することとします。この場合、Wondershareは、ライセンシーに対し、代替品、またはアップデートもしくは修正したバージョンのソフトウェアを無償で提供し、ライセンシーに対してそれ以上の責任を負うことはありません。

16. 免責事項

ライセンス所有者はライセンサーをいかなる訴訟、損失、法的責任、損害、罰金、刑罰、第三機関から、またはライセンス所有者のライセンス化されたソフトウェアの使用により発生した費用(弁護士費用を含む)から免責し、害を与えないこととします。本セクションに記載されているライセンス所有者の義務は本契約が失効しても継続することとします。

17. 利用者により作成されたコンテンツ

ライセンス化されたソフトウェアを用いてライセンス所有者はソフトウェアがインストールされているデバイスに保存されているコンテンツにアクセスすることができます(このようなコンテンツは、本書では「エンド利用者生成コンテンツ」と呼びます)。利用者により作成されたコンテンツの使用、保存、開示に関してはライセンス所有者に全ての責任があることとします。ライセンス所有者は適切な判断に基づいて利用者により作成されたコンテンツを使用することとします。PDFソフトウェアとして、ライセンス化されたソフトウェアによりライセンス所有者はライセンス所有者以外の非公的個人情報で構成されているコンテンツのアクセス、コピー、編集が可能になります。ライセンス所有者はそれらの情報を関係者の同意なしに使用、保存、開示してはならないこととします。ライセンス所有者がその使用用途が適切かどうか、文書化された同意書が必要かどうかまたは法的問題を考慮すべきかどうかに関して判断しかねる場合は法律相談をすることを強く推奨します。ライセンサーはライセンス所有者がこれらについて決断する手助けせず、また知的財産権や個人情報保護法に関して法的アドバイスを提供することもできません。

ライセンス所有者は自身により作成されたコンテンツのみを使用し、他の利用者の権利を侵害しないこととします。ライセンサーはいかなるコンテンツに対しても編集またはモニターすることはありません。ライセンス所有者はライセンス化されたソフトウェアを違法、猥褻、下品、中傷的、民族または倫理的争いを扇動する、他者の権利を侵害するいかなる不快なコンテンツと合わせて使用してはならないこととします。

ライセンシーは、ライセンシーのコンテンツの正確性と完全性を独立して検証する責任があります(当社のソフトウェアを使って作成、もしくは変更する操作ガイド、部品カタログ、回路図、ライティング図、組立説明書、メンテナンスマニュアル、建築プレゼンテーション、またはその他の資料のテクニカルイラストまたは図など)。

ライセンス所有者またはその弁護士が利用者により作成されたコンテンツを使用するために文書化された同意書を得る必要があると判断した場合、ライセンス所有者は該当コンテンツの適切な所有者に対してコンテンツを再現、再分配、編集する許可を申請しなければならないこととします(ライセンス化されたソフトウェアでも述べられているように)。ライセンス所有者またはその弁護士がライセンス化されたソフトウェアから利用者により作成されたコンテンツを使用することは問題がないと判断した場合、ライセンサーはライセンス所有者にライセンサーの商標、著作権、プロジェクトまたは製品を正しく指定することを依頼します。ライセンス所有者はそのライセンス化されたソフトウェアのコンテンツの使用または配布に起因するいかなるクレーム、損害、弁護士費用、費用、訴訟からライセンサーまたはライセンサーサプライヤを免責し、害を与えないよう保護することとすします。

18. 輸出規制

利用者は国際連合または米国にて容認されている国以外へのライセンス化されたソフトウェアの輸出または逆輸出をしてはならないこととします。ライセンス化されたソフトウェアを利用することで、利用者は自身がそのような国に位置していないことを表明することとします。

19. ライセンシーのパブリシティ権

  1. 19.1. 利用者使用許諾契約書の条件に従い、ライセンシーはライセンサーに対して自身をソフトウェア宣伝対象の顧客として含む権利を与えることとします。
  2. 19.2. ライセンシーは、support@wondershare.jp宛に書面による要求を提出し、ソフトウェア宣伝の対象から除外するように要求することでライセンサーに対して本権利を否定することができます。本除外が適用されるためには、購入前に除外の確認(返信メールによる)を受信する必要があります。
  3. 19.3. ライセンシーが、以前製品を購入した際、対象除外のリクエストをしなかったことにより、製品宣伝の対象に含まれた場合、ライセンシーはいつでもsupport@wondershare.jp宛に要求書をメールで提出することでWondershareに製品宣伝対象リストからライセンシーの名前およびその他の情報を削除させることができます。そのような要求の受領後、Wondershareは30日以内に宣伝対象リストからライセンシーへを削除し、また将来的にライセンシーを参照することもありません。

20. 法律および論争解決

本契約は中国の法律の下にあり、法律の抵触を伴わないこととします。本契約から生じる全ての紛争は深センの仲介裁判所にて利用者の裁判管轄区域の法律で禁止されていない範囲内で決着をつけることとします。

承認:ソフトウェアをインストールすることにより、利用者は前述の内容を読み、理解し、契約条件により拘束されることに同意したことを認めたこととします。使用者はまた、本契約書が当事者間における完全で唯一の契約文書であり、口頭か書面、その他の通信手段を利用しかどうかに関わらず、本ライセンスに関連する当事者間における提案や事前合意よりも優先されることとします。


エンド利用者使用許諾契約書追加条項(FILMORA)

本EULA追加条項は、Filmora(以下、Filmora および ソフトウェア)に適用されます。本EULA追加条項は、Wondershareが特段に定めた場合を除き、その他のWondershareソフトウェア製品には適用されません。

重要: 本EULA追加条項は、「Wondershare Software エンド利用者使用許諾契約書」の一部です。本ソフトウェアをインストールすることで 、エンド利用者(以下、利用者/ライセンシー)は、「Wondershare Software エンド利用者使用許諾契約書」の全ての契約条件と共に、本EULA追加条項に拘束されることに同意したものとします。

1. ライセンス許諾条項

個人向けライセンス:本契約の条件に従い、Wondershareは、利用者(個人)に対し、個人利用もしくは非営利の利用を目的とし、ソフトウェアを一台のデヴァイスに、ダウンロードやインストール、およびアクティベートする権利を譲渡します。この権利は、限定的で、取消可能なものであり、個人用かつ非独占的で譲渡不可のものです。ただし、Filmoraに組み込まれているすべての音楽トラックと効果音を商用目的で使用することはできません。

ビジネス(法人)向けライセンス:Wondershareは、Filmoraを商用目的で使用することを希望するエンド利用者に対してビジネスプランを販売しています。Wondershareは、利用者(法人)に対し、ソフトウェアを一台のデヴァイスに、ダウンロードやインストール、およびアクティベートする権利を譲渡します。この権利は、限定的で、取消可能なものであり、非独占的で譲渡不可のものです。ビジネスプランからFilmoraを購入したライセンシーは、商用目的のビデオ編集にFilmoraを使用することが認められます。ただし、ビジネスプランからFilmoraを購入したライセンシーでも、Filmoraに組み込まれている音楽トラックや効果音を商用目的でご利用いただけません。 Filmoraに組み込まれている音楽トラックと効果音を除き、他の組み込みメディア、組み込みのタイトル、組み込みのトランジション、組み込みのエフェクト、組み込みのエレメントは、商用目的で使用いただけます。

2. 音楽トラックと効果音の使用

Filmoraに組み込まれているすべての音楽トラックと効果音は、いかなる営利目的にも使用してはなりません。 Wondershareは、独自の裁量により、音楽トラックの追加や削除などを行い、音楽トラックのリストを随時更新することがあります。

3. 使用の制限

  1. 3.1. ライセンシーは、本ソフトウェアまたはその資料の全て、または一部を修正、改変、翻訳、再許諾、貸与、賃貸、配布、貸出すること、及び他者に同様のこと委託することはできません。
  2. 3.2. ライセンシーが本ソフトウェアまたはドキュメントの全部または一部から派生した二次的著作物物を作成すること、及び他者に同様のことを委託することはできません。
  3. 3.3. ライセンシーが本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、デコンパイル、ディスアセンブルまたはソースコードの解析を行うことは認められません。
  4. 3.4. ライセンシーが本ソフトウェアまたは資料に含めたライセンサーの著作権、商標の表示、及び、サードパーティーの著作権や商標の表示の除去、または遮蔽すること、及び他者に同様のことを委託することはできません。
  5. 3.5. ライセンシーが本ソフトウェアをファシリティマネジメント、タイムシェアリング、サービスプロバイダ、サービスビューロー同意書の一部としてサードパーティー向けのホストアプリケーションに使用すること、及び他者に同様のことを委託することはできません。
  6. 3.6. ライセンシーがWondershareがFilmora内で提供している以外の音楽トラック、エレメント、画像、動画を使用することは認められません。ただし、使用のためのライセンスまたは適正な権限を所持している場合を除きます。
  7. 3.7. ビジネスプランを購入したライセンシーがFilmora内蔵のエフェクト、音楽トラック、エレメント、画像、動画を、特段に定められた場合を除き、本EULAに規定されていない方法で営利目的に使用することはできません。
  8. 3.8. ライセンシーは、ライセンスまたは許可または適切な権限を取得していない限り、WildershareがFilmora内で提供していない他の音楽トラック、要素、写真、ビデオを使用することはできません。

Wondershareは、本契約において利用者に明確に付与されていないすべての権利を留保します。

4. 著作権

本ソフトウェアとライセンシーが制作した認可コピーは、ライセンサーの知的財産もしくはライセンサーとライセンス契約をしているサードパーティの知的財産です。本ソフトウェアの構造、構成、およびコードは、ライセンサーやこうしたサードパーティにとって貴重な企業秘密かつ極秘情報です。本ソフトウェアは、中華人民共和国、米国およびその他の国における著作権法、および国際条約規定、及びこれらに限定されることない規制によって保護されています。本EULAに明記されている場合を除き、ライセンシーは、いかなる知的財産権を付与されることはありません。事前にライセンサーからの同意書なしに、ライセンシーが本ソフトウェアまたはライセンサーに関する公式声明を発表することは認められません。

5. カバーCD

雑誌に付随して発行された各種カバーCDで、本ソフトウェアを複製、配布(評価用コピーのみ)することは認められます。ただし、CD付きの雑誌をWondershareに送付する必要があります。

6. 期間

ライセンシーが購入することのできるライセンスにはいくつかの種類があります。ライセンシーがライフタイムプランのライセンスの購入を選択した場合、利用者は永続的にライセンスを使用することができます。ライセンスを特定の期間限定で購入することを選択した場合、そのライセンスは特定の期間のみご使用いただけます。利用者は全てのコピーと共にソフトウェアを破棄することで契約を終了することができます。本契約内容が順守されなかった場合、自動的に契約は終了となり契約の効果は失効します。利用者はライセンスの終了後即座に全てのコピーと共にソフトウェアを破棄し、その使用を停止することとします。

7. 責任の制限

いかなる状況においても、ライセンサー、またはライセンサーの関連会社、社員、代理店が損害、訴訟、費用、派生損害、間接損害、特別損害、刑罰的損害、利益の損失に関する法的責任を有することはないこととします。それは、ライセンサーの代表またはライセンサーの関連会社が損失、損害、訴訟、費用、他者からの訴訟に関して助言を受けていたとしても同様です。本制限は、ライセンシーの裁判管轄区域内の法令によって認められた範囲で適用されることとします。本EULAに関係するライセンサー、およびライセンサーの関連会社、社員、代理店の累積責任は、ライセンシーがソフトウェアに対して支払った料金を上限とします。

本ソフトウェアが、Wondershareが法的責任を有する他者の権利の潜在的もしくは実質的侵害の申し立ての対象となった場合、ライセンシーは、その旨を伝えるWondershareからの(Eメールを含む)書面通知を受け取った際、迅速かつ合理的に努め、本ソフトウェアの利用を中止します。この場合、Wondershareは、ライセンシーに対し、代替品、またはアップデートもしくは修正したバージョンのソフトウェアを無償で提供する場合があります。Wondershareは、ライセンシーに対してそれ以上の責任を負うことはありません。

本EULA追加条項と「Wondershare Software エンド利用者使用許諾契約書」との間に何らかの矛盾がある場合は、本EULA追加条項が優先されます。


エンド利用者使用許諾契約書追加条項 (DR.FONE, TUNESGO, DATA RECOVERY)

本EULA追加条項は、dr.fone, TuensGo, Data Recovery(以降、まとめて「ソフトウェア」と呼ぶ)に適用されます。Wondershareが指定しない限り、本追加使用許諾契約は他のWondershare製のソフトウェアには適用されないこととします。

重要:本EULA追加条項は、「Wondershare Software エンド利用者使用許諾契約書」の一部です。ソフトウェアをインストールすることで、そのユーザは本追加使用許諾契約条件および「Wondershare Software エンド利用者使用許諾契約書」に記載されている使用条件によって制約されることに同意したこととします。

1. ライセンス許諾条項

本使用許諾契約は、利用者に対して下記の権限を与えることとします。
Wondershareは利用者個人に対して、1台のデバイス(コンピュータ、携帯電話、タブレットなど)にのみソフトウェアをインストールし起動することができる、取り消し可能で非独占的かつ譲渡不可のライセンスを与えます。ビジネス向けライセンスを所有していない限り、許可される使用目的は個人的かつ非商業的ものに限定されます。少なくともビジネス向けライセンスまたは複数ライセンスをWondershareから購入していない限り、ネットワーク上にソフトウェアをアップする行為や複数の利用者にソフトウェアを提供する行為を禁止します。ビジネス向けライセンスを購入した場合、指定した購入数に応じてソフトウェアを複数の利用者に提供することができます。

Wondershareは、購入時の製品説明にソフトウェアをインストールするデバイス数を制限する権利を有します。

2. 使用制限

無料トライアルライセンスは、個人向けライセンスとビジネス向けライセンスと比べて少ない機能を提供しており、特定期間しか使用することができません。その期間の終了後、継続してソフトウェアを使用したい場合は個人向けライセンスまたはビジネス向けライセンスを購入する必要があります。個人向けライセンスを購入した場合、商業的または経済的な利益を目的とした本ソフトウェアの利用は許可されていません。それには、技術サービスやコンサルティングサービスの提供などが含まれます。

利用者がソフトウェアとシステムマネージメントサービスを提供するサービス提供者またはマネージドサービス提供者(以降、まとめて「MSP」と呼ぶ)である場合、個人向けライセンスではなくビジネス向けライセンスの購入が必要です。また、利用者は本使用許諾契約の使用条件に従ってソフトウェアを上記のサービスに使用することができることとします。 複数の顧客に同時にサービスを提供する目的で1つのソフトウェアを展開する場合はコマーシャルライセンスが必要になります。MSPは顧客に対してソフトウェアへの直接アクセス及び使用を許可してはならず、リモートアクセスまたはハードウェアの貸出を利用することとします。

利用者がネットワークマネージメント、モニタリング、実装、コンサルティングやその他の外部サービスなどの第三機関(以降、「コンサルタント」と呼ぶ)にサービス提供を依頼した場合、コンサルタントは利用者の利益を目的としてのみ利用者がライセンスを持つソフトウェアを使用することができます。ただし、利用者にはコンサルタントが使用許諾契約に準拠するように管理する義務が発生します。上記に関わらず、コンサルタントは自身のビジネスへの利用を目的として利用者のライセンスを使用する権限を持たないこととします。

3. プライバシーの保護

Wondershareは、利用者のプライバシーを尊重し、保護します。法令に基づいた利用者の書面による同意がない限り、いかなる第三機関に対しても利用者の個人情報を販売、使用、公開することはありません。

下記の条件下においてWondershareは利用者の意思または法律に基づき、利用者の個人情報を開示することとします。それにより生じる問題の責任は、利用者にあるものとします。

  1. 3.1. 利用者の以前の権限を取得する場合
  2. 3.2. 利用者によって要求された製品やサービスを提供するために個人情報を開示する場合
  3. 3.3. 関連する政府機関の法律、規制、要求に従う場合
  4. 3.4. Wondershareが有する法律上の権利と利益を保護する場合
  5. 3.5. 利用者が使用許諾契約の規定に違反した場合

4. ライセンス期間

ライセンスを購入することで利用者は購入時に選択したライセンス期間に基づき、特定期間または永久ソフトウェアを使用する権利を有することになります。

5. 著作権

ソフトウェア(ソフトウェアに埋め込まれている画像や写真、アニメーション、動画、音声、音楽、テキストも含む)、付属の印刷物およびソフトウェアのコピーに含まれるすべてのタイトルと著作権はWondershareまたはその供給者に帰属するものとします。 ソフトウェアは著作権法と国際特許条約によって保護されています。利用者はソフトウェアをその他の著作権素材と同様に扱う必要があり、ソフトウェアから所有権通知やラベル、マークなどを取り除くまたは削除してはいけません。

6. 保証の否認

Wondershareは明示的か黙示的かに関わらず、すべての保証を否認します。それには、黙示的な商品性や特定の目的への適合性への保証も含まれます。利用者は、公共利用または製造利用に進む前に十分ソフトウェアをテストする機会があったこと、本ソフトウェアの選定と使用した責任は利用者にあること、不適切な方法またはインストラクションに反する方法でソフトウェアを使用した場合にコンピューターや携帯電話、タブレット、その他の機器に損害を与えてしまう可能性があることを認識し、合意したこととします。品質と性能によるリスク全般は利用者の負担になります。保証の否認は本契約書の本質的な部分を構成します。管轄区によっては黙示的な保証の除外を許可しない場合がありますので、本保証の否認は利用者に適用されない場合があります。管轄区によって利用者は、法律上の他の権利を有している場合があります。

7. その他

Wondershareは利用者がソフトウェアを用いて法律に違反するまたは他者の権利や知的財産を侵害することを許可しません。利用者がソフトウェアを用いて違法行為または他者の権利侵害をした場合、その結果による責任は利用者のみにあることとします。本件に同意できない場合は、ソフトウェアをインストールまたは使用しないでください。

未成年が、Wondershareが提供するサービスを使用して、違法、わいせつ、ポルノなどの公序良俗に違反するコンテンツを閲覧することはできません。

法律で認められる最大限の範囲で、最終的な解釈は私たちの裁量に任されています。このEULAについて質問がある場合、または何らかの理由でWondershareに連絡したい場合は、私たちに書面で連絡してください。

本EULA追加条項と「Wondershare Software エンド利用者使用許諾契約書」との間に何らかの矛盾がある場合は、本EULA追加条項が優先されます。