iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム

インターネットプライバシークリーナー

Webをブラウズする度に、一時ファイルやその他の不要なファイルがハードディスクに保存されます。単純に、ブラウザのキャッシュや一時フォルダからファイルを削除するだけでは、それらの履歴を完全に抹消することは出来ません。 これらの証拠は、あなたに知られること無くインターネットやその他の方法で簡単に覗き屋に暴露されることがあります。

インターネットプライバシークリーナーツールを使い、安全確実に インター一時ファイルネット、Cookie、履歴ファイルから、このような残骸を綺麗に取り除き、ドライブの空き容量を増やして、Web上のプライバシーも保護することが出来ます。

使い方

ステップ1: インターネットプライバシークリーナーを起動

メインウインドウから Check & TuneUp カテゴリに切り替えて、Windows クリーンナップを選び、インターネットプライバシークリーナー をクリックして起動します。

モジュールを起動すると、ウィザードが自動的に開いて、 ハードドライブをスキャンする際の2つのオプションを選ぶことが出来ます。

「 完全スキャン」(推奨)オプションは、 ハードドライブ 全体とすべてのシステムファイルを解析スキャンします。「 カスタムスキャン 」オプションは、それとは違い、どのカテゴリをインターネットプライバシークリーナーが解析すべきかを 選ぶことが出来ます。どのカテゴリ をスキャンするかを下の項目から指定できます:

  • ブラウザの一時ファイル
  • ブラウザのCookies
  • ブラウザの履歴
  • ブラウザの最近のURL
  • ブラウザのインデックスファイル(開始時のアクティビティ)
  • ブラウザのダウンロードパス
  • ブラウザのオートコンプリート
完全スキャンを選び、 スキャン開始をクリックしてシステムの解析を始めることをお勧めします。

ステップ 2: インターネットプライバシーをスキャン中

ハードドライブの解析を起動して開始する。メインインターフェースから、 スキャン開始 (または、 再スキャン)をクリックします。

インターネットプライバシークリーナーは、システムの解析をしています。プログラムウインドウは、解析する個々のセクションを表示します。エントリの前にある 青い矢印は、対応するセクションが現在分析中であることを示します。緑色のチェックマークは、そのセクションの分析が完了していることを示します。上部にある進捗バーは、分析全体の進捗を示します。 インターネットのアクティビティの履歴のスキャン中でも、 スキャンを キャンセルをクリックすることで中止出来ます。

ステップ3: インターネットプライバシーのクリーニング中

分析が完了すると システム の状態のスナップショットを見ることができて、 (もしあれば) インターネットアクティビティの履歴を Internet Privacy Cleaner が検出した分だけ確認できます。

素早くクリーンナップを行うには、単に、クリーニング開始ボタンをクリックして、 作業を行わせます–この場合、見つかったすべての痕跡をクリーンナップします。

クリーニング処理中、進捗バーは、インターネットプライバシークリーナーがどの程度処理を進めたかを表示します。インターネットプライバシークリーナーモジュールは、項目を1つずつ処理を行い、すべての インターネットアクティビティの履歴を、システムから取り除きます。クリーンナップが完了するまでお待ちください。

モジュールが処理を完了すると、メッセージが現れて、すべての履歴 が抹消されたことを知らせます。

 クリーニングアップ前にあった問題を表示させるには、 詳細をクリックしてください。新しいウインドウが開き、履歴の詳細を表示して、どれをクリーンナップするか選ぶことができるので、単にアクションボタンをクリックすれば、クリーンナップされます。

インターネットプライバシークリーナーは、デフォルトでは、 見つかったすべての履歴をクリーンナップ するように、各エントリの前にあるチェックボックスにチェックが設定されています。もし、特定の項目をクリーンナップしたくなければ、四角を一度クリックして、チェックマークを外してから、確認ボタンをクリックしてください。そうすれば、アプリケーションは、その特定の項目をクリーンナップの際に、単に無視します。

選択した項目が正しくクリーンナップされたら、完了ボタンをクリックして、メインインターフェースに戻ってください。

サイトマップ

Top