iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ブルーレイレコーダーの特徴と購入のポイント

Part 1:ブルーレイレコーダーの紹介

ブルーレイディスクは記録容量が大きく、記録容量の大きい順に並べると、ブルーレイディスク、DVD、CD、VHSの順番になります。
昔のアナログ放送は、VHSテープに直接録画するビデオデッキが支流でしたが、テレビ放送のデジタル化で高画質になった放送を綺麗な映像のまま録画する為には、記録容量の大きいディスクに対応したデッキが必要になりました。
その為、DVDディスクの5倍の容量を記録出来るブルーレイディスク対応のブルーレイレコーダーが今は支流になっています。

DVD ブルーレイ レコーダーにはハードディスクを搭載しているので、テレビ番組をDVDやブルーレイディスクに直接書き込むのでは無く、ハードディスク内に録画をして、CM等を編集でカットしてからDVDディスクやブルーレイディスクにダビングする事が出来るのも特徴の一つです。

Part 2: DVD ブルーレイ レコーダー選び方を詳しく紹介

選択

DVDレコーダーやブルーレイレコーダー選び方としては、チューナー数ハードディスクの容量メーカーをみるのが一番良い選び方だと思います。
チューナー数は同じ時間帯に放送されている番組を同時に録画できる番組数を意味します。

1(ワン)チューナーでは1番組、2(ダブル)チューナーなら2番組、3(トリプル)チューナーなら3番組の録画が同時に出来ます。

ハードディスクの容量が、なるべく大きいレコーダーを購入した方が、長時間の録画が可能ですが、容量が大きくなれば価格もそれだけ高価な物になるので注意が必要です。
目安は、標準録画モードで500GB約60時間、1TB約130時間、2TB約250時間の録画が出来ます。
そして、レコーダーとテレビのメーカーを同じに揃える事で、テレビでレコーダーの操作が出来る等のリンク機能が使えます。

Part 3: 三つブルーレイレコーダーをおすすめ

家電を選ぶ時に、一番気になるのが価格だと思いますが、ブルーレイレコーダー 最安値は15,000円台から最高額で370,000と価格差があり過ぎて、どれを買ったら良いのか分らないと思いますので、楽天とAmazonでブルーレイレコーダー 口コミや機能などを見て、おすすめの商品を3つ選んでみようと思います。
まず、楽天で見つけたおすすめのブルーレイレコーダーは、シャープ3Dアクオス 2チューナー ブルーレイレコーダー BD-W570です。

BD-W570

BD-W570はハードディスクが500GBと小さいのですが、ハードディスクに録画した番組は簡単に消すことが出来るので、見終わったら消す事を心がけていれば、問題なく使えると思います。
また、口コミを読んで見ると操作が簡単で、お年寄りでも操作が出来ると評判になっています。
送料込みで38,880円と言う価格も安くて良いと思います。
そして、次に紹介するのはAmazonからの商品で、パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイディスクレコーダー4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1000です。

DIGA DMR-BRW1000

DIGA DMR-BRW1000は最新の液晶テレビの4K高画質に対応した機種です。
4K高画質対応という事と、ハードディスクが1TBの大きさで52,294円と値段が思ったより高額では無い事もあってか、ブルーレイレコーダー 口コミが最も多く集っている製品です。
4Kテレビの購入を考えている場合は、注目の製品だと思います。
次にこちらもAmazonからですが、ブルーレイレコーダー 人気の高いSONY製のBDZ-EW1000です。

BDZ-EW1000

BDZ-EW1000はハードディスクが1TBで、これまでの製品と比べて起動時間が早くなっています。
注目の機能としては、スマートフォンのアプリを利用して、外出先からもインターネット経由で、録画した番組の視聴、番組録画予約、ハードディスク内の整理等が出来るのが特徴です。
SONY製のテレビやレコーダーの操作画面は、最初分かりにくい所があります。
しかし、慣れると他の製品より使いやすく、プレイステーション等を使った事がある方には馴染みのある画面なので、説明書が無くてもスイスイ操作が出来ると思います。
また、ブルーレイレコーダー評価は星4と評価も高いので、こちらもお勧めの商品だと思います。

ここで紹介した以外にも、ブルーレイレコーダーの機種によって様々な機能があるので、自分に合った機能が搭載されている機種を選ぶ事も大切だと思います。
ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > ブルーレイレコーダーの特徴と購入のポイント

サイトマップ

Top