iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

「Video to DVD 2 (Win版)」のまずは、製品の機能をしっかりと見てからお話をしたほうがわかりやすいと思いますので、まずは機能として、対応記憶メディア: DVD-R、DVD+R、DVD-RW DVD+RW、DVD+R DL、DVD-R DLの媒体に作成できます。動作を指せるときに必要な容量として2GB以上の空きディスクが必要となります。メモリーは512MB以上あれば、動作します。現在発売中のパソコンであればどれでも動作します。あとはOSですが、Windows XP(SP3以降)/Vista(32・64bit)/7(32・64bit)で動作確認がされています。Windows8ではまだ動作確認はできているようです。

win版ダウンローMac版ダウンロー

DVD作成ソフト「Video to DVD 2 (Win版)」は、その名の通りFVD作成ソフトで、各区的には3000円前後で購入しやすい料金設定になっています。どちらかというとその手のプロ向けというのが正しいと思われます。操作性は、ある程度慣れた人でないとなかなか使いこなすのが難しいのではないでしょうか。だからといって製品自体が悪いわけではありません。

お試し版の時には書き込みに失敗をするときがありますが、製品版であれば問題なく書き込みをすることができて、なんの問題もありません。体験版でダメだったので製品版を買わないということはしないほうがいいと思います。

操作性は若者であればすぐに覚えるものですが、お年寄りにはなかなか難しいところがあるのではないでしょうか。ただ、お年寄りの場合にはスマフォすら使えないような方が多いので、これはどうしようもないものと思われます。10代~40代ぐらいまでは、なんの違和感もなく使いこなせるようなソフトになっています。

Youtubeの動画など、インターネット上の動画サイトの動画を簡単にダウンロードして、DVDを作成することができるすぐれものでしょう。ファイル形式が何とかいろいろ詳しい情報を知らなくても簡単に一般DVDプレーヤーで見ることができるように市販のDVDに書き込むことができます。各種の動画フォーマットを簡単に編集することができるのが非常に便利です。ただ、作成時に手順を間違ってしまうと、作成したメニュー画面のテキストが消えてなくなったりしてしまい、気になるところはあります。

ただ容量オーバーの動画を編集してDVDに書き込みをしてくれるところは、便利です。 容量オーバーの動画をどうしても書き込みしたいと言うようなときには、非常に便利な機能です。DVDソフトとしての機能は全て揃っているように思えます。 その全ての機能を使いこなすにはちょっと専門的な知識などが必要とするため初心者では全ての機能を使いこなすのは難しいと思います。

体験版で一旦自分がやりたい機能が使えるかどうかを確認してから正規版の購入をすることができるため、かなり買いやすいソフトです。その上3000円前後と赤くもお求めやすい価格帯になっているので非常にうれしい価格設定ではないでしょうか。サポートもしっかりと日本語で対応してくれますので、十分購入を検討するに値するDVD作成ソフトです。

「Video to DVD 2(Win版)」の特徴機能

  • 豊富で簡単な編集機能
  • 豊富なテンプレート
  • テキストを挿入
  • 簡単にDVDを作成


win版ダウンローMac版ダウンロー

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top