iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでAndroid内で削除したファイルを元通りにする方法

凄く扱いやすくなっているAndroidのOSですが、特徴としてバージョンアップの回数が多いという事にあります。 そのため常に改善や向上を対応するために日夜開発が行われているのです。 そしてiOSにも負けないくらいAndroidのOSを使用しているタブレットやスマートフォンを使用している方が多く、人気を出しています。

しかしそんな便利なAndroidのOSでも、怖い事にファイル削除というヒューマンエラーがあります。 ファイルは音楽や画像や写真やメールやメッセージや連絡先など、挙げればきりがないほど出てきます。 そのファイルを1つでも削除してしまうと、今まで当たり前に出来ていたことができなくなるので、がっくりしてしまう方が多いのです。

ファイルを削除してしまうともうスマートフォンやタブレットでデータを保存する事をやめてしまう方も中にはいるのです。 しかし、それは非常にもったいないのです。 何故ならば、誤って削除してしまったデータは復元する事ができます。

そして、ファイル復元で代表的なのがMacで作業可能なDr.Fone for Android(Mac)になります。

ステップ1. ソフトをインストールします

こちらはパソコンにDr.Fone for Android(Mac)をインストールして、その後デバイスの中をスキャンさせていくという流れで進行していきます。

インストール

ステップ2. 復元可能なファイルをプレビューします

このDr.Fone for Android(Mac)のポイントはファイルを復元する前にプレビューする事ができる事です。 通常復元するファイルはファイル名を出す事が出来ても、復元前にファイルの中身を見ることは非常に難しいのです。 しかしDr.Fone for Android(Mac)は復元前にファイルの中身を見る事ができるので、復元した後に内容が違ったや綺麗に復元出来ていないという事を防止する事ができます。

中身をプレビュー

ステップ3. データを復元します

復元する前に情報を分析できるので、非常に心強いサポート役なのです。 また復元する際にツリー状で写真や動画と分けてくれるので、自分の復元したいファイルのカテゴリが分かればすぐに見つけることができます。 Mac専用のファイル復元ソフトになりますが使いやすい仕組みになっています。 復元先はMacのパソコンになりますが、復元したファイルをパソコンに復元してAndroidデバイスに移動することで復元は完了になります。 そして復元したファイルを別の媒体に移すことで、Androidデバイスの復元する元データに影響を与えないので、失敗した際はもう一度復元を試みる事で、確実な復元ができます。

データを復元

ファイルをご削除してしまう事を恐れていては、Androidデバイスを楽しく使用できないので、Dr.Fone for Android(Mac)で悩みを解消しましょう。

ホーム > 製品活用ガイド > topic > Androidデータ復元 > MacでAndroid内で削除したファイルを元通りにする方法

サイトマップ

Top