iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone6の紹介

iPhone6はiPhone5sの後継機種で、iPhone5sより大きさが大きくなっています。 角の部分が丸みを帯びていて、厚さもだいぶ薄くなっていて持ち運びもしやすくなっています。片手操作がまだできるので操作性も申し分ありません。iPhone5sとあまり変わりなく使えます。大きくなるということは表示画面が大きくなりみやすくなった感じはします。当然表示する情報量も増えてきますので操作性や見やすさは間違いなくiPhone5sより良くなっています。

気づきにくいとは思いますが音声の部分で、バイブレーションとスピーカーは地味に進化しています。バイブはより振動が伝わるようになっていてわかりやすくなっています。スピーカーの音が、iphon5sではここから音がでているのだなあ、ということが分かりましたが、iPhone6では機種全体から音が出ているように感じます。この部分は確かに進化しています。

カメラ機能は、カメラの性能が間違いなくアップしています。iPhone5sと比較してみればその違いがすぐに分かると思います。手ぶれ補正機能も数段アップしていますので、素人が撮ってもしっかりと取れるようになっています。夜の撮影をしてみればその違いが鮮明にでてきます。バッテリーの機能がiPhone5sより1.5倍になっているようです。これはヘビーユーザーには嬉しい機能アップでしょう。

一つ弱点があるとすれば、ios8に対応していないアプリもチラホラとありますので動作しないアプリや動きがおかしなアプリなど多々でてきています。これに関しては、今からアプリ開発に力が入れば解消されるところではあります。そうは言ってもiPhone6の大画面化・バッテリーの充電時間・カメラの性能をトータル的に考えて機能アップをしているのは間違いありませんので、損汚点を利用者がどう判断するかではないでしょうか。

iPhone6

iPhone6 とiPhone6 Plusの違いまとめ

iPhone6とiPhone6 Plusの両方を比べてみてなにがどう変わっているのかは、非常に気になるところではないでしょうか。iIPhone6 Plusは間違いなくでかくなっていて大画面で動画やテレビなどを見る人にはほしいものではないでしょうか。ただし大画面は必要なので機能面だけ充実していればいいのであればiPhone6をおすすめします。

iPhone6とiPhone6 Plusでは、高さで2cm・幅で1cmほど大きくなっています。ディスプレイが4.7インチと5.5インチtp全然大きさが違いますので、大画面好きにはたまりません。お年寄りには大画面のほうが目で見やすくなっています。

操作性で言えば、iPhone6 Plusは片手で届かないほどの大画面になっているので、片手操作に慣れている人には不向きかもしれません。そんな場合には、iPhone6を購入することをおすすめします。画面の大きさの違いは間違いなくその画質に還元されています。

画面が大きくなれば、ゲームによっては、スライドすることが増えて逆にゲームに負けることになる可能性のものもでてきます。そのようなゲームをよく使う人には大画面はあまりおすすめしません。

iPhone6/Plus

iPhone6とiPhone6 Plusを買うなら、どっちにしますか?その理由は?

iPhone6は、画質や音質が完全に高くなっていますのでiPhone5sより間違いなく良くなっています。iPhone6 Plusはさらに大画面になっていますので動画を見たりインターネットで情報を見たりする場合には使いやすさや見やすさがアップしています。

ただ、大聞くなり過ぎたiPhone6 Plusに関しては持ち運びの不便さ、ゲームによっては不利になるようなものもありますので、その点が気になる人には同機能のphone6をおすすめします。5.5インチ画面であれば、ナビとしても十分に使えますので車のナビとしてはiPhone6 Plusがおすすめです。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone全般 > iPhone情報 > iPhone6 とiPhone6 Plusの選択

サイトマップ

Top