iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > iOSデータ管理・移行 > iTunes関連 > 利用する前に知ってほしいiTunesMatchのコト~メリット編~

iTunesMatchって?利用する前に知ってほしいiTunesMatchのコト~メリット編~

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Sep 08,2015 11:57 am / 編集者: カテゴリ: iTunes関連

『iTunesMatch』って、ご存じですか?2014年5月2日にリリースされたばかりの、この『iTunesMatch』。知らない方がまだまだ多いですね。


iTunesMatchは複数の機器間で共有出来る

『iTunesMatch』は、iCloud上に預けた音楽データを、登録された複数の機器間で共有出来るというシステム。例えば、パソコンAで読み込んだCDの音楽データを『iTunesMatch』を使ってiCloudに預けておけば、パソコンBでも聞くことが出来ます。もちろん、『iTunesMatch』に登録さえしておけば、パソコンだけでなく、iPhoneやiPadでも音楽を再生することが出来ます。必要なのは、インターネットに接続している、という条件だけ!

この『iTunesMatch』のすごいところは、25,000曲という膨大な数の音楽データを預けられる、というところ。10曲入りのアルバムなら、2,500枚分の音楽を預けられます。25,000曲もの音楽を預けられるのであれば、音楽ジャンキーな方でも大満足間違いなしですね!


曲と曲の形式に置き換えられる

更に、CDから取り込んだ曲は、iCloudに預ける際、iTunesStoreで販売されている同じ曲に置き換えられます。iTunesStoreに該当の曲があれば、アップロードする時間や手間は不要、というわけです。もし例えば、iCloudに100曲の音楽データを預けようと思ったら、それをアップロードするための時間が必要です。100曲もあれば、きっとかなりの時間を要することでしょう。ですが、もしその100曲全ての曲がiTunesStoreで販売されているものだったら、iCloudにはiTunesStoreで販売されている方の音楽が預けられますから、アップロードする時間はゼロになります。
更に更に!iCloudに預けた曲がiTunesStoreで販売されている曲だった場合、元の音楽データの形式がなんであれ、全て256kbpsAAC形式のものに置き換えられます。例えば預けた曲が古いCDから取り込んだ曲だった場合、その音質は最新音楽のものに比べるとどうしても劣ってしまいます。ですが、その曲がもしiTunesStoreで販売されているものだったら、高音質の256kbpsAAC形式で再生することが出来るのです。


再生方法はストリーミングになる

まだまだあります、『iTunesMatch』のスゴイところ!『iTunesMatch』に預けた音楽を、登録機器から再生しようと思ったとき、その再生方法はストリーミングになります。預けた音楽をいちいち登録機器にダウンロードする手間がありませんから、聞きたい音楽を聞きたいときにすぐ再生することが出来ます!そして、ダウンロードする必要がない、ということは、音楽を保存する為の容量も必要ない、ということ。大量の音楽を、いつでもどこでも再生できる、というのはものすごいメリットですよね!

サービスの料金は安い

年額3,980円でこのサービスを利用することが出来る、というのも素晴らしい点です。3,980円を12(ヶ月)で割ると、ひと月辺りの費用は約332円。一日あたり約11円となります。一日11円で利用できるサービスで、これほど内容が充実したものは他にないでしょう!
いかがでしたか?もしこの記事を読んで『iTunesMatch』が気になりだしていたら、ぜひ思い切って利用開始してみましょう!あなたのミュージックライフがより充実すること間違いなしです!

関連トピックス
iPhoneデータ転送ソフトベスト5!
iTunesMatchって?利用する前に知ってほしいiTunesMatchのコト~デメリット編~
iTunesとiCloud、どっちでバックアップをとればいいの?
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top