iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iWatchについて

■iWatchはどんなもの?

ここ数年、情報通でなくても、ニュースやワイドショーで度々耳にする名称があります。 その名も、iWatchです。


iがつくということから、iphoneやipadのように米Apple社の製品であることが予想できます。 Watchということは、Appleが世に出す時計のような携帯なのでしょうか?


一体、iWatchとはどんなものなのでしょう? まだまだ憶測の域を超えませんが、どうやら「腕時計型ウエアラブル(身に着けて持ち歩くことができる)端末」ということまではわかってきました。

■iWatchがいよいよ発売されるのか?

そもそも肝心のAppleからは、2013年にロシアと日本にて「iWatch」の名称を商標登録申請したという事実以外、未だ詳しい情報は発表されていません。ですので、各メディアが我先にと競って、様々な情報筋からiWatchに関する最新の情報を手に入れようとしています。


Wall Street Jornalは「台湾のQuanta Computer(広達電脳)」がiWatchの生産を請け負い、今年7月にも量産が始まる」と明言していて、この情報は英Reutersも同様に伝えています。 以上のことから、発売は今年の秋頃、早ければ10月初旬になるのではないか…との見方が色濃くなってきました。

■iWatchの特徴とは?

「腕時計型ウエアラブル(身に着けて持ち歩くことができる)端末」ということまではわかってきました。


つまり、現在のスマートフォンが搭載している基本機能(電話・メールなどの着発信、Siriによるインターネット検索、ナビゲーション機能等)は、当然iWatchにも搭載されるでしょう。そんな中、米Wall Street Jornalは、「心拍数や運動量などを計測するため、10個以上のセンサーを搭載している」と報じています。


iWatchには、心拍数や血圧、血糖値のほか、Appleが独自に開発した汗を分析するセンサーが搭載される、と以前から多くのメディアが報じていて、運動や健康管理に重点を置いた端末になるとの予想が主流です。


Appleはメジャーリーグやバスケットボール、アイスホッケーなどのプロ選手と次々に契約を結んでいて、プロの本格的なトレーニングの環境下にてiWatchのテスト装着を行ってるとの話もあります。このことからも、ヘルスケアに特化した機能が搭載されそうだと予想できます。


iWatchのディスプレイは、対角線ではかると、2.5インチ(6.35cm)の長方形で、タッチ機能やワイヤレス充電機能を備えている」。 また「サイズの異なる」という情報もあります。

サイトマップ

Top