ウェディングキャンペーンX

iPhoneで撮った動画をBlu-Rayに作成しよう!

iPhoneで撮影した動画をブルーレイに焼いて複数人で共有したい。テレビの大画面で見てみたい。そう考えたことがあったがiPhoneで撮影したままではパソコンで再生することもできなかった、ということはないでしょうか。iPhoneで動画を撮影すると「mov」という形式になります。この形式のファイルはWindowsに導入されているwindows Media Playerでは再生できない形式で、パソコンで扱うには変換してからでないといけないということもあります。そんなmovファイルですが、Wondershare「ブルーレイ・DVD簡単作成!」を使用すれば簡単にブルーレイに直接焼くことが可能です。

Windows版ダウンロード

「ブルーレイ・DVD簡単作成!」を利用してiPhoneで撮った動画をBlu-Rayに作成する手順

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」をダウンロード・インストール

1 「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」をダウンロード・インストールします。

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」で検索し、製品ページにある「無料体験」ボタンをクリックするとダウンロードできます。任意の場所にダウンロードし、インストーラーの手順に沿ってインストールしましょう。

DVDか作成したいタイプを選びます。

2 DVDか作成したいタイプを選びます。

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」を起動すると「ディスクの種類またはプロジェクトを選択:」と表示されるので「Blu-Rayディスク(BDMV)を作成します」のアイコンをクリックします。(文字部分にはクリック判定はありません)その際未登録製品は登録画面が現れます。未登録製品は使用できる内容に制限がありますが動作確認をしたい場合は「後でする」を選んでも可能です。

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」に「mov」ファイルを取り込みます。

3 「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」に「mov」ファイルを取り込みます。

ブルーレイを作成したい動画ファイルを本製製品にドラッグ&ドロップするか、製品画面左下の「ファイルを追加」から選択します。選択できたら左方向にサムネイルが表示されるので確認しましょう。動画サイズの合計や残り容量は画面下部に緑色のゲージで表示されるので満杯になるまで追加することが可能です。

ブルーレイに書き込みます。

4 ブルーレイに書き込みます。

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」のメニューの中から「作成」ボタンをクリックすると設定画面が表示されるので任意の設定にし右下の「作成」ボタンを選択すれば終了です。「エンコーダー」や「解像度」などは詳しくわからない場合は初期設定でも大丈夫です。

※「作成」を選択したとき「ディスク作成可能なドライブが見つかりません」と表示されることがある場合がありますが、その際は「プログラムを再起動してもう1度同じ手順を行う」か「ドライバーをアップデート」してください。

これにてiPhoneで撮影した動画でブルーレイにすることができます。面倒な変換作業などは一切不要なので初心者の方にも安心です。メニュー画面も複数テンプレートが用意されているので、Wondershare「ブルーレイ・DVD簡単作成!」の「メニュー」をクリックし、右側に表示されたテンプレートの中から動画のシチュエーションに合ったものを選択すればより華やぎます。慣れてきたら動画の編集をすることも可能で撮影の前後の余分な部分をカット編集したり、暗い部分の明度を調整したりとより見やすくできます。

前述のメニュー画面をオリジナルのものにすることも可能なので、録画した動画を特別な記念などで知人に配布する際世界に一つだけの仕様にすれば喜ばれるでしょう。また、今回はiPhoneで一般的なmovファイルでの変換の説明ですが、MP4 や3G2など多くの形式に対応しているので特殊なアプリなどで撮影した場合も同様に使用できる可能性があります。対応する形式はホームページにてご確認ください。

Windows版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > iPhoneで撮った動画をBlu-Rayに作成する手順
Top