iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Apple IDのメールアドレスを変更する方法

Apple IDはiPhoneを使用する上でかかす事が出来ない物で、色々なアプリをApp Storeを通じてダウンロードする際に必ず必要になる物なのです。
このApple IDを通じてどこの誰がダウンロードしたと判断できるようになっており、Apple IDを作らないとネットを通じて利用するサービスはほとんど利用出来ません。
しかしこのApple IDとひも付けする物としてメールアドレスがあり、緊急連絡先として必ず登録時に登録する必要があるのですが、このメールアドレスは登録した後にある一定の期間で変更が必要です。

なぜApple IDのメールアドレスを変更する必要ですか。

このApple IDはメールアドレスが分かれば、自分以外の人間が問い合わせをする事で知る事が出来るもので、長い間同じメールアドレスだと防犯の面で危険性があるのです。
そのため、メールアドレスはある一定の期間で変更をする事で、自分を守る事に繋げる事ができるのです。

Apple IDのメールアドレスの変更方法と変更できない理由

そんなApple IDのメールアドレスの変更方法ですが、Appleの公式サイトに繋ぐか、App Storeの自分のアカウントにログインして行う事が出来ます。

メールアドレスの変更をする際は、正しいApple IDとパスワードが必要になるので、ここで間違えないようにしましょう。
そうする事でメールアドレスを変更してApple IDの内容変更をする事が可能になります。
これがApple IDの変更方法になるのですが、中にはApple IDが変更出来ないという方もいると思います。

理由として、正しいApple IDとパスワードを忘れてしまい、App Storeや公式サイトにログインさえ出来なくなったという事が考えられます。

お勧めのiPhoneデータ復元ソフト:Dr.Fone for iOS(Windows版)

iPhoneを利用しているうちに、データを誤削除によって消えた場合、データを復元したいですよね。 パソコンでバックアップをしたことがないなら、iCloudバックアップは自動的にデータをバックアップする可能性があります。
今回はiCloudバックアップからiPhoneのデータを復元する方法を紹介します。

紹介したいソフトはDr.Fone for iOS (Windows版)という復元ソフトになるのですが、今回は今主流のiCloudバックアップから復元を紹介します。

インストール

Step 1Dr.Fone for iOSをPCにインストール

まずDr.Fone for iOS (Windows版)をパソコンにインストールしてアプリケーションとして起動できるようにしていきます。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

iCloudバックアップから復元

Step 2 iCloudバックアップから復元

そしてアプリケーションとしてDr.Fone for iOS (Windows版)を起動して、iCloudバックアップから復元の操作をしていきます。
iCloudにバックアップしているので、iCloudに定期的にバックアップをとっておく必要があります。

iCloudバックアップファイルは自動的に検索

Step 3 iCloudバックアップファイルは自動的に検索

そして、今度は以前のApp Storeを再度スキャンして復元をしていきます。
そうする事で、正しいApple IDとパスワードを入力していた状態のまま復元をする事が可能なので、正しいApple IDとパスワードを知る事が出来ます。
この状態で再度Apple IDの変更を試みることで、防犯のために定期的な変更を安全な状態で行う事が可能です。

Apple IDを変更したいと思った時に頼りになるDr.Fone for iOS (Windows版)を使用して、アップルIDを楽しく変更していきましょう。
また、Apple IDの変更のiPhoneの場合でも、Apple IDの変更のiPadでも、Apple IDの変更をiCloudを通じて実行する事でより確実な変更が可能になります。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

 購入 Dr.Fone for iOS(Win版)  購入 Dr.Fone for iOS(Mac版)

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iCloud復元 > Apple IDを変更したいと思った時に必要な知識

サイトマップ

Top