iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
iPhone起動しない症状から

iPhone起動しない原因は?
iPhoneはリンゴマークで起動しない対処法の紹介

アイフォンは今では人気のスマートフォンで、沢山の方が利用している物なのですが、いつも使用するといった反面で心配なのは急にiPhoneが起動しないという不具合が起こってしまう事です。

iPhoneが起動しない原因

  • 1.基本的にiPhoneが起動しない原因として考えられるのは、iOSにバグが出たりと通常使用する事によって起こる毎日の使用によって起こるとされているので、予防したいと思っても難しい部分でもあるのです。
  • 2.また、アプリを入れる事よってiOSに影響を与えて、iPhoneはリンゴマークが出て、起動できなくなるなど、iPhoneの便利な機能を使用するにあたって起こる不具合もあり、どうにかしていきたい部分でもあるのですが、そもそもどのような対策をすればいいのかという事になります。
    次はiPhone起動しない対処法を紹介します。

iPhone起動しない対策

  • 1.iPhoneを再起動:iPhoneには自動的にiOSを修復する機能が付いているので、通常はiPhoneを再起動する事で、自動的に壊れている部分を修復して起動できるようにしてくれるので、基本的に再き移動で修復できます。
  • 2.iTunesを通じて:他にも再起動しないiPhoneをパソコンに繋いでiTunesを通じて復元して対応する方法で起動しないiPhoneを正常に再起動させます。しかし、復元後、iPhone上のデータが全部消えますので、ご注意ください。
  • 3.Dr.Fone for iOS(Windows版)を通じて:iPhoneが再起動しない不具合から修復し、またデータを消したくないそんな方にお勧めしたいのがDr.Fone for iOS(Windows版)を使用したiPhoneが起動しなくなった場合に修復する事が出来ます。

起動しないiPhoneを救出するソフト「Dr.Fone for iOS(Windows版)」の使い方

起動しないiPhoneを救出するソフトをインストール

ステップ1.iPhone起動しない不具合を解決できるDr.Fone for iOS(Windows版)をパソコンにインストール

iPhone起動しない不具合を解決できるソフトDr.Fone for iOS(Windows版)はまずアプリケーションとして起動できないといけませんので、パソコンにインストールして使用できるようにしていく必要があるのですが、ここは重要な部分なのですぐに対応してきましょう。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロー

iOSを通常の状態に修復

ステップ2.iPhone起動しない不具合から復元機能を選択

そしてDr.Fone for iOS(Windows版)を使用する際はまず起動してどのように使用していくか選択していく必要があるので、今回は新機能でもある「iPhone起動障害から復元」を使用して起動しないiPhoneを正常に再起動する事が出来ます。

iPhone起動しない不具合から復元

ステップ3.iPhone起動しない不具合から復元

Dr.Fone for iOS(Windows版)はリンゴループ やリカバリーモードループや真っ暗な画面やその他のiPhoneの起動しない不具合を修正する機能を持っており、このソフトを使用する事で起動しないiPhoneを完璧に修復する事が可能です。


今回の場合は「Dr.Fone for iOS」を使用してiPhoneに起こる起動しない不具合を修復する事が出来るので、iPhoneに起こる不具合を気にすることなく快適にiPhoneを使用する事が出来るので、お勧めのソフトです。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロー

購入 Dr.Fone for iOS(Win版) 購入 Dr.Fone for iOS(Win版) 購入 Dr.Fone for iOS(Mac版) 購入 Dr.Fone for iOS(Mac版)

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iOS起動障害の対策 > iPhoneが起動しない?iPhoneが起動しない原因と対策を紹介

サイトマップ

Top