iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

■iTunes、iCloudのバックアップについて

iPhoneでは、バックアップの方法として、iTunesそしてiCloudというものがあります。iCloudのバックアップを選択するものの、 iCloudにはパソコンが必要ありません。 iTunesのバックアップにはパソコンが必要です。

iTunes 

iTunesの場合は、パソコンが必要ですが、対象範囲も広いのです。 対象範囲が広くても、USB 2.0の転送速度で数分程度で工程も完了してしまいます。 それと比較してiCloudの場合は、バックアップにかなり時間を要してしまうようです。 iTunesバックアップオンリーの対象は、通話履歴、壁紙、カレンダーデータ、キーチェーンのデータ、ペアリングしたBluetoothデバイス情報、ソフトウェアキーボードの入力候補と言ったものになります。

iCloud、iTunesバックアップ両方とも選択出来るバックアップ範囲は、カメラロール上にある写真、ビデオやiPhoneの設定の情報、アプリデータ、メッセージデータ、着信音、ボイスメモなどなどです。

win版ダウンロード Mac版ダウンロード
マークしてPCで無料体験する :

■iCloudか、iTunesバックアップはメリットデメリットを知ってください。

まず、パソコンで iTunes を起動します。 ここではiPhone とパソコンは接続しないで、iTunes のみ起動です。 次に自動同期を停止します。 それは iTunes 画面左上に小さい場所にあります。 再生機能の左上です。 兎に角左上の端を意識しましょう。 そこをクリックします。 iPhoneと、パソコンを接続した場合に、iPhoneとパソコンのデータが同期化されてしまう可能性があります。

大事なiPhoneデータも消失してしまう可能性があるために、自動同期はしなければならない操作です。 同期の意味がなかなか理解出来てない人たちも多いようです。 同期とは同じになることであり、余計なデータが片方にあれば削除されることなのです。

そして、設定を選択。 デバイスを選択。 そして、ここでパソコンと、iPhoneをケーブルで接続します。 概要、そしてバックアップに注目してください。 ここにある「今すぐバックアップ」を選択してください。 これでバックアップがスタートします。 バックアップが完了すれば、上方にAppleマークが表示されます。

iTunesバックアップ 

実際に、バックアップが完了しているのかチェックをしてください。 画面上部、左上の小さな場所を選択します。 そして設定へ。 デバイスを選択。 パソコンがあればそれ程難しい問題ではありません。

ヒント:iTunesやiCloudのバックアップをパソコンに抽出する場合、以下Dr.Fone for iOS(Windows版)をご利用ください。

win版ダウンロード Mac版ダウンロード
マークしてPCで無料体験する :

サイトマップ

Top