iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

DVDオーサリングソフト比較

本ページでは、代表的なDVDオーサリングソフトの機能・性能を比較してみたいと思います。 比較に用いるソフトとして以下の3つを取り上げます。

・シェアウェアソフト代表 Video to DVD 2 (Windows版) 

・フリーソフト代表 DVD Flick

・バンドルソフト代表 Windows DVD メーカー

では、具体的にポイントとなる相違点を比較して行きましょう。

■価格

Video to DVD 2: 税込3380円(シェアウェアソフト)
DVD Flick: 無料(フリーソフト)
Windows DVD メーカー: 無料(Windows Vista,7搭載ソフト)

■対応動画形式

Video to DVD 2: AVI,MP4,MPG, MPEG,VOB,3GP, 3G2,WMV,ASF, RM, RMVB,DAT,MOV,FLV,M4V,MKV,MOD,TOD,MTS,M2TS,TP,TRP,TS,DV
DVD Flick: avi,divx,mpg,m2v,mpv,ts,wmv,asf,flv,mp4,m4v,mkv,ogm,rm,3gp,3g2,mov,qt,hdmov,mjpg,nut,nsv,smk
Windows DVD メーカー: avi,mpg,m1v,mp2v,mpeg,mpe,mpv2,wm,wmv,dvr-ms,wtv,asf

■テンプレート種類

Video to DVD 2: 家族生活、フェスティバルやイベント、思い出、自然、共通テンプレートなど、合計41種類以上
DVD Flick: テンプレートは無し(基本的には1から自分で選択・設定して行きます)
Windows DVD メーカー: 約20種類

■動画編集機能

Video to DVD 2: カット・トリミング、クロップ、ズーム、映像の回転・反転、彩度・明度・コントラストの調整、透かし・字幕の追加などが可能
DVD Flick: 動画編集機能は無し
Windows DVD メーカー: 動画編集機能は無し

■まとめ

お金は掛かりますが、対応ファイルの多さ、テンプレートの種類、動画編集機能の有無などを考慮すると、「Video to DVD 2」が一番優秀なソフトと言えると思います。 価格もそれほど高くないですので、コストパフォーマンスも良いと言えるでしょう。 但し、動画編集機能を必要とせず、単純で汎用的なDVDを作れればそれで良いという人は、Windows DVD メーカーがお使いのPCにインストールされているか調べ、インストールされていればそれを使えばいいと思います。 OSの関係でWindows DVD メーカーが入っていない場合、フリーのDVD Flickをダウンロードして使いましょう。

win版ダウンローMac版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > DVD作成 > DVDオーサリングソフト比較

サイトマップ

Top