iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Mac用DVDオーサリングソフト紹介

本ページでは、Mac用のDVDオーサリングソフトである「DVD Creator(Mac版)」の特徴と使い方を紹介します。 DVDオーサリングソフトは無料ソフトを含めてMac版は数が少ないですが、今回紹介する「DVD Creator」は必要十分な機能を備えていますので、Macユーザーの人はこのソフトさえ持っていればDVD作成には困らないと思います。 では、以下にて「DVD Creator」の特徴と具体的な使用方法を説明して行きますので、Mac使用者の方はご覧になって行ってください。

win版ダウンローMac版ダウンロー

■「 DVD Creator(Mac版)」Mac用DVDオーサリングソフトの決定版!

・面倒なオーサリング作業を意識せず、初心者でも簡単にシンプルな操作で大量の動画を一枚のDVDにできる
・スタイリッシュなメニューテンプレート、フレーム、テキスト追加などの機能により、オリジナルのDVDを編集・作成可能
・ビデオのトリム、クロップ、効果、透かし、回転、分割、結合など、高度な動画編集機能も搭載
・デジカメ写真のデータを利用したBGM付きスライドショーDVDの作成も手軽にできる
・「すべてのタイトルを再生」、「最初のタイトルから最後まで連続再生」、「選択したタイトルのみ再生」という三つの再生モードに対応
・入力形式:AVI,MP4,MPG,MPEG,VOB,3GP,3G2,3GPP,WMV,ASF,DAT,MOV,FLV,M4V,MKV,MOD,TOD,MTS,M2TS,TP,TRP,TS,DV,NSV。他に音声・画像形式多数
・出力形式:ISOファイル,dvdmedia,DVDフォルダ,DVDディスク

■DVD Creatorの使い方

1.「DVD Creator」を起動し、画面右上の「+」ボタンをクリックするかファイルのドラッグ&ドロップで、素材とする動画ファイルを読み込みます。

2.入力動画一覧で読み込んだ動画を選択し、右側に表示される「編集」ボタンを押して編集画面へ入り、クロップ・効果・トリム・透かし・回転などの編集を行います。

3.右上の「メニュー」「フレーム」「ボタン」「テキスト」の各ボタンをクリックし、お好みの素材・テンプレートを選択してDVDメニューを作成します。

4.「プレビュー」ボタンで完成イメージを確認した後、問題無いようなら画面右下の保存ボタンを押し、DVDの名前やDVDドライブなどを設定したあとに保存を実行します。

以上の手順により、DVDビデオを作成することができます。 基本的に動画ファイルさえ用意すれば、後はテンプレートに沿って用意された素材を選択していくだけで簡単にDVDを作ることができます。 注目ポイントは動画編集機能も搭載している点で、大抵のフリーソフトはこのような編集機能は存在しませんので、シェアウェアソフトとして価格に見合った価値は十分あると思います。 とても手軽にDVDを作成できますので、Mac用のDVDオーサリングソフトをお探しの方は、ぜひこの「DVD Creator」をお試しください。

win版ダウンローMac版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > DVD作成 > Mac用DVDオーサリングソフト紹介

サイトマップ

Top