iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでAVIファイルをDVDに焼く・作成する方法

なぜ、Mac用のiDVDでAVIをDVDに書き込むことはできないのか?

AVIとは、オーディオ・ビデオ・インターリーブの略で、1992年11月に、Microsoft(マイクロソフト)社によって導入された Windows標準の動画用のマルチメディア・コンテナ形式のことです。

iDVDは、AVI形式ではないMOV、MP4、M4V、DV、MPG、3GPなどをMac上で、無料でDVDへ作成可能なアプリです。お持ちのAVIファイルが特別なコーデックを含んでいて、iDVDで認識されない場合には、iDVDでAVIファイルをDVDに書き込むことはできませ ん。その時には、3つのオプションが利用されます。まず、適切なコーデックをインストールするか、または、AVIからMOVへ変換するか、あるいは、直接、AVI形式をサポートする別のDVDバーナーからMac上でAVIをDVDに焼くことです。

MacでAVIファイルをDVDに焼くソフト

現在、AVI動画をDVDに書き込むソフトのWondershare「DVD Creator(Mac版)をご利用してください。AVIを直接DVDに変換し、同じ類型のアプリケーションの様にDVDへ保存します。以下より無料試用版をダウンロードしてお試して見ましょう!

win版ダウンローMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

Windowsユーザの場合なら,Windowsバージョンをダウンロードしてください。今すぐ、Mac版では、AVIビデオをどのように編集し、AVIからDVDへ変換するのかその方法をご参照ください。

MacでAVIファイルをDVDに作成方法

以下、Step1からStep3では、Mac環境上でAVI動画をDVDに書き込むための手順をご説明しています。

ステップ1:AVIビデオの取り込み

ソフトを起動したら、画面の「+」のボタンをクリックして、AVI動画をインポートします。

macでaviをDVDに焼く

AVIビデオを追加した後、ビデオの上段部分の「編集」ボタンをクリックし設定画面を呼び出します。カット、回転、必要でないセクションの切り出し、ウォーターマークの追加、特殊効果の設定などが行われます。

Mac版でAVIからDVDへ変換するように、Windows版でも部分的なカッティング、必要でないセクションの切り出し、回転、ウォーターマークの追加、特殊効果の追加など基本的なビデオ編集が行われます。

AVIをDVDに焼くの編集画面

ステップ2:ビデオの編集とDVDメニューの選択

ビデオ編集機能は、DVDの書き込みソフトウェアにとっては非常に重要です。

実際、本製品をお試しされた方であれば、ビデオを編集する他社製品のオープニング作成やファイル形式を変換してから再度挿入し、また、もう一度、DVDへの焼くという手順と比べて、非常に簡単に誰でも操作できることやその使い勝手の便利さに驚くはずです。

DVDメニューの選択

ステップ3:MACでAVIからDVDへの作成

最後に、作成ボタンをクリックして、AVIからDVDに作成作業を開始します。

macでaviをDVDに焼く開始

以上が簡単なMacでAVIをDVDに変換の使い方になります。

お得意な情報:AVIファイルを再生するには?

マイクロソフトによって開発されたAVIは、最新版のWindows Media Playerが推奨されています。別の選択肢としては、Windows版/Mac版、両方ともサポートしている強力なVLCプレーヤーがあります。AVIの再生/書き込むする際には、まず、一つのことは記憶する必要がありますが、コーデックのことです。

もし、お使い環境で適切なコーデックを見つけなかった場合、K - Liteという普遍的なコーデックパックをお試しください(Windowsのみ)。Mac版で、AVIが再生できなかった場合のベスト解決策としては、AVIをMOVに変換することをお勧めいたします。

win版ダウンローMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > 動画DVD作成 > MacでDVDにAVIファイルを焼く

サイトマップ

Top