iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iDVDにとって代わるソフト選手権!

標準で付属されていたDVDライティングソフトのiDVDが、Mac OS X のバージョン アップにより消え去ってしまってから久しいですね。 皆さんは、DVカメラやデジカメ、スマホで撮りためた静止画データや動画データ、 どのようにして管理していますか?

もちろんPCに保存、という方が多いと思いますが、最近のこれら画像や動画のデータは 手軽さゆえに、容量もさることながら実際のデータ数もかなりのものになり、まずは PCに保存、その後DVDへライティングという流れが一般的かと思います。また、DVDへのライティングのきっかけとして、こうしたPC上のデータの飽和だけでなく、 具体的な用途として記録用、記念用、業務上の必要性から等々、様々な動機も 絡んでいます。

そこで、iDVDに代わるDVDライティングソフトをご紹介しつつ、それぞれの比較をして 行きたいと思います。

iDVDソフトウェア

有償版のソフトから、DVD Creator(Mac版)、とRoxio Toastの2本を、フリーソフトから DVD StylerとBurnの2本を取り上げます。

Mac版ダウンロード   win版ダウンロー

Part 1:入力および出力フォーマット(それぞれ主なもの)

・DVD Creator
  入力 AVI、3GP、MPEG、MP4、WMV、FLV、VOB、SWF、MOV、MTS、MOD、HD動画、PNG、JPG、TIFF、BMP、JPEG 等
  出力 DVDディスク、DVDフォルダー、ISOイメージ等

・Roxio Toast
  入力 画面からの直接録画、Webサイトからのストリーミングビデオ、DVDからの動画
  出力 DVDディスク、CDディスク、Blu-rayディスク等

・DVD Styler
  入力 AVI、MOV、MP4、MPEG、OGG、WMV、DivX、MP2、MP3等
  出力 DVDディスク、ISOイメージ等

・Burn
  入力 DMG、IMG、TOAST、ISO、CDR、DVDR、MP4等
  出力 VCD、SVCD、DVD-Video、DivX等

iDVDソフトウェア

ヒント:これらカスタマイズした内容は、よく使う項目、として保存しておくことができるので、今後同じようなことをする場合には便利です。

Part 2:DVD書き込みまでの手順

・DVD Creator(とてもシンプルな流れで、メニューもわかりやすいです)
 素材データを取り込む
 メニューの設定
 書き込み

・Roxio Toast(シンプルな流れですが、表示項目名等玄人向けかなという印象)
 素材データを取り込む
 メニューの設定
 圧縮設定
 「自動」では、3段階のビデオ品質を基本とした設定で、「カスタム」では、フォーマットやビットレートの詳細な設定、オーディオのデータレート設定などより詳しい設定が可能。
 書き込み

・DVD Styler(右から左への書き込みには便利かもしれません)
 素材データを取り込む
 メニューの設定
 書き込み
 *ISOイメージの作成、オーサリングのみ、DVDへの書き込みの3通りです。

・Burn(まさしく、焼く、というシンプルさを追求した感があります)
 設定をする
 Regionの設定。メニューの使用要否(使う場合、ここでテーマの設定も)
 素材データを取り込む
 素材データを、書き込みデータに変換
 書き込み

iDVDソフトウェア

Part 3:各種編集の自由度

・DVD Creator
 メニューは、ボタンやテキスト、背景やBGMなど、標準で多種有り、別途ダウンロードで追加可能。
 素材データも、通常の動画編集ソフト同様、エフェクトや動画の結合・分割等、かなり深い編集が可能。

・Roxio Toast
 今回挙げたソフトの中で一番高価なだけに、機能満載ですが、 使いこなせない印象。
 素材データへの編集の自由度は、実は低めです。

・DVD Styler
 メニューにボタンやテキストを追加したり背景の変更も可能。

・Burn
 メニューを付けて(付けなくても可)DVDを焼くことに特化のため、素材データに編集は掛けられないです。

DVD Creator

最後に

動画をDVDに焼くといっても、フォルダ間でファイルをコピーするような使い方を するだけであれば、機能的にシンプルなフリーソフトで十分な印象ではありますが、 そもそもDVDに動画データを焼こうという動機として、「作品」として仕上げたものを DVDに焼こうというものもあるかと思います。そういうところまで含めて考えると、 有償ソフトの方が機能も充実しているので、そちらに行きますね。

とはいえ機能がありすぎて、結局は使いこなせないというケースもありますし、 とてもお手頃な価格で、必要十分プラスアルファの機能が揃った『DVD Creator』が使い勝手も含めて一番おすすめできるソフトかなと思います。

PCがWindowsで、DVD作成ソフトを探したい方は「Video to DVD 2」の使い方をご参考ください。

Mac版ダウンロード   win版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > DVD作成 > iDVDにとって代わるソフト選手権!

サイトマップ

Top