iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

■ 野球はいつどこで始まったものでしょうか。

元々狩猟生活をしていた古代に野球の起源があります。 動物を仕留めるために、現在の野球のボールと同じくらいの大きさの石を投げて動物に当てることで狩猟生活をしていた人類が始まりと思われます。 いろいろな石が化石と一緒に出土していまして、ちょうど野球ボールと同じくらいの石が多数出土しています。

スポーツとして野球のようなものが始まったのは中世までさかのぼります。 フランスでラシュールというスポーツが野球の期限ではないかといわれています。 手・足・棒を使い相手の陣地内の2本の杭の間にボールを通すスポーツとなります。 それがイギリスに渡り、ストリートフットボールというスポーツになり、牛や豚の直腸や膀胱を使ってそれをボール代わりにして、相手陣内のゴールまで運ぶスポーツが始まりました。

その後、靴下に小石を複数入れて野手がばらばらに守り、その小石入りの靴下を投げて棒で打った玉を打者に当てればアウトになるという原意の野球に近い形になってきました。 その後、ベテランの選手がちーむのまとめ役を兼任するようになり、これが監督の始まりではないかと言われています。

今のベースボールというのが初めて言われるようになったのは18世紀になってからです。 ベースボールの起源はイギリスで始まっています。 その後1791年にアメリカで初めてベースボールと表記されるようになり、1834年から本格的にベースボールという名前の競技として始まっています。 これがアメリカのベースボールの始まりであり、日本ではどのように普及したのでしょうか。

1871年にアメリカ人により日本へ打球鬼ごっことして伝えられています。 日本で本格的に野球チームとして作られたのが、1878年の新橋アスレチック倶楽部です。 旧制一高ベースボール部が横浜外人倶楽部と対外試合をしたのが、初めての日米野球となります。

■ 野球の基本的なルール

野球のルールというのは、サッカーのように相手のゴールにボールを蹴って入れれば店が入るというほど簡単ではないので、なかなかわかりにくいと思います。 まず、野球は9人対9人で打つ側と守る側の2つを交互に行って、9回の入れ替えを行って多くの点数を取ったほうが勝ちとなります。 守る側が投げた玉を打つほうが木の棒で打って、1塁~ホームベースまで4つの類を1週出来た人が得点として加算されていきます。 ゴロをう打って1塁までボールが来る前に走っていければそのままその類に留まり次に映人が打ったら走るを繰り返していき、ホームまで何人帰れるかで特典を競っていました。

守る方は、一塁手・二塁手・三塁手・遊撃手というのが前を守る内野守備の体型です。 あとは外側を守る人でレフト・ライト・センターと3つのポジションがあります。あと一番大事なところが、相手にボールを投げる人(ピッチャー)とそのボールを取る人がキャッチャーとして守備につきます。

■ 野球の技術

では、最後に野球の技術というものをご紹介します。

野球の技術には大きく分けて3つあります。守る技術と投げる技術に最期が映技術となります。

守る技術ですが、グローブを左手にして、そのグローブで相手が打ったボールを取ることで、打ったボールが一度も地面につかずにグローブに収まればアウトとなり。 ゴロを売った場合は、腰を低くしてしゃがんだような形でボールを拾い1塁に投げるまでの一連の流れが必要になり、ボールを取るそして投げる必要があります。 打つほうですが、いろいろな打ち方があります。 バッティングは手で振るといより腰から下の下半身で降ることでボールを遠くに飛ばせるようになっています。 決して力任せで振っても遠くには飛びません。

投げる方ですが投手の場合は、押さえれば勝つことができるし、打たれてしまうと味方打線任せということになります。投げる方には、ボールの縫い目をうまく使っていろいろな玉を投げることができます。まずは真直ですが親指でボールの下側を持ち、中指と人差し指で上側をV字上にモツ¥って投げれば投げられます。

変化球というのがあります。 横に曲がったり、縦に曲がったりなど投げたボールを変化させることで打者のタイミングをずらして討ち取ることができます。

ホーム > 製品活用ガイド > エンターテインメント > 娯楽ニュース > 知っておきたい野球規則まとめ

サイトマップ

Top