iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > 祝日 > お祭り > こどもの日

こどもの日を家族で過ごそう

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Mar 27,2014 16:59 pm / 編集者: カテゴリ: お祭り

梅雨を迎える少し前の5月の時期には病気や災いを中国では菖蒲で邪気払いをしていたという言い伝えがあります。これが日本に伝わりやがて5月5日を国民の休日と制定しこどもの日と呼ばれるようになりました。五月人形を飾り、節句にふさわしい料理をいただき、日本の文化に親子で触れ合いたいものです。 

☆ こどもの日の由来は 

こどもの日

昭和23年に定められた国民の祝日に関係する法律の中でこどもの日はこどもの人格を重んじて幸福を願う日ということに定められました。男の子の節句という意味合いが深かったのですが子どもには男女の差はなくみな平等と言う意味でもすべてのこどもをお祝いする日ということが現代は定着しました。 子どもの幸せを願う日と解釈するととても心が温かくなります。

今こどもが健やかに成長していることを感謝しつつ恩恵を受けている全てにも感謝するという意味を親が感じて過ごすことに意味があると思います。 


☆こどもの日のイベントについて

男の子の成長を祝う日に鯉のぼりを飾るようになりました。鯉は、清流だけでなく、池や沼などでも生きていけるほどの強い生命力があるということから鯉は出世魚と呼ばれ、子どもの立身出世の象徴として江戸時代から、盛んに鯉のぼりを飾るようになっていったそうです。

特別な日としてご家庭それぞれに小さなイベントを用意されている場合も多いと思います。こども側も小さな期待をしているかもしれません。商魂逞しい商業施設ではこどもの日セールとしておもちゃやゲームをお得感たっぷりに売り出している場合もあります。 しかし大事なのは家族みんなで過ごす事ではないでしょうか。例えばお子さんの大好きなケーキを家族全員で囲むだけでもそれはお子さんの特別な日として相応しいと思います。

こどもの日で撮った写真をスライドショー作成するには、 「PhotoMovie Studio 6 Pro」を利用してください。

関連トピックス
文化の日を自分らしく過ごすために
体育の日の過ごし方
みどりの日をどんなふうに過ごしてますか?
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top