iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone 6/6PlusでHDR写真を撮影する方法

HDR撮影というのは、ハイダイナミックレンジ合成の略で、レンズの撮影素子に入ってくる光のうち明るい部分と暗い部分の差のことで、その比率を広く取るように加工をすることになります。

今回HDRiPhoneを十分に理解されてよりきれいな写真を撮影されればとおもいます。

Part 1. 「HDR撮影」機能とは

HDR機能をオンにするとダイナミックレンジの広い写真を撮影できます。 オフにすると明るい部分は白くなり、暗い部分は黒く写ってしまします。 より綺麗に撮影ができるようにしてくれます。 そのため、朝焼けや夕焼けのイメージが随分変わります。

iPhoneでHDR写真を撮影

このHDR機能というのは、プロカメラマンがよくCM撮影や、映画のっ撮影時によく使われる撮影法です。

ハイライトの部分やシャドウ部分をくっきりはっきりと見せることが主な目的で仕様され続けているHDR機能です。 そのようなプロが使うような撮影の機能が、iPhone 6/6Plusにも搭載されています。 すでにiPhone4以降を使っている利用者はHDRというものをカメラ撮影時に見たことがあると思いますが、その使い方を知らないでそのまま撮影をされている人も多数いるとおもいます。

ヒント:

HD機能が付いたのはiPhone4以降になります。 わかりにくいので例として、室内で蛍光灯と一緒に何かを採る場合に、HDRなしで撮影をすると、蛍光灯の部分が真っ白になり、本数が何本あるのかが見分けが付かないことがあります。 その蛍光灯の本数をしっかりとわかるように色を自動で調整して撮影をしてくれます。 なので、撮影時に白くぼんやりと取れてしまうような場合には、HDRきのうをオンにして、全体がはっきりと見えるように撮影をすることができます。

通常は、外で撮影をするときにその違いを実感することができます。 太陽の光と関係が深く、逆光での撮影時でも、反射することを最大限に抑えてくれて、逆光反射を感じさせないきれいな写真を撮ることができます。

Part 2. iPhone 6/6PlusのカメラでHDRを有効にする方法

iPhone 6/6PlusでHDR写真を撮影する

iPhone 6/6PlusのカメラでHDRを有効にする方法:

  1. ステップ1: iPhone 6/6Plusのカメラをタップするか、コントロールセンターの右下にあるカメラマークをタップすれば、カメラ撮影画面に移ります。
  2. ステップ2: カメラ撮影画面では上部の真ん中にHDRのオン・オフ機能が付いています。 このHDRを1回タップスレで、現在表示中の逆の機能へと変更されます。
  3. ステップ3: あとは撮影をするだけでOKです。

非常に簡単な操作になっています。 初心者でもすぐに使えるようになるとおもいます。 一度HDRオンとオフの両方で撮ってみて、その違いを実感されてみてください。

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone全般 > iPhone情報 > iPhone 6/6PlusでHDR写真を撮影する

サイトマップ

Top