Wondershare公式サイトリニューアル記念キャンペーン

iPhone 6のメッセージアプリの使い方・復元小技

「なんだろうこのアプリ・・・」と思った経験はありませんか?特に、iPhone 6/6Plusのホーム画面にあるメッセージアプリは、同じホーム画面にあるメールアプリとの違いを感じませんよね。しかし、メッセージアプリとメールアプリには大きな違いがあるのです。

今回は、そんなiPhone 6/6Plusのメッセージアプリの使い方をご紹介します。

Part 1.メッセージアプリの使い方

iPhone 6/6Plusのホーム画面に、緑色のアイコンで「メッセージ」と書かれたアプリがあります。このアプリでは、SMSと言われている携帯番号を使ってやりとりをするショートメッセージやキャリアメールやMMSと言われているメール機能を利用することができます。さらに、iOS同士でやりとりをすることができるiMessageという機能を使うこともできます。。

SMSやMMSは番号などがあれば利用することができますが、今回はメッセージアプリを使ってiMessageを利用する方法をご紹介します。設定方法は、まずホーム画面から設定を開きます。下にスクロールしていくと、「メッセージ」と書かれている部分がありますので、そこをタップし開いてください。

「メッセージ」と書かれたアプリ

開くと、一番上に「iMessage」と書かれたところがあるので、タップし機能をオンにすると使えるようになります。ただしこの機能、AppleIDがなければ利用することはできません。なので、AppleID未取得の場合は、IDを取得した後に利用可能になります。。

「iMessage」と書かれたところ

iMessageをメッセージアプリで利用するには、初期設定が必要です。iMessageの場合、iPhone 6/6Plus同士でなくても、相手がiOSを搭載している端末ならば送受信可能となっており、利用料は一切かかりません。ネットワーク環境のみ必要となります。

Part 2. iMessageのメリット・デメリットって?

iMessageを利用するメリットは、無料で利用できるということに加え、開封証明が使えるということです。これは、スマートフォン向け無料通話アプリ「LINE」に搭載されている既読という機能と同じものになります。なので、iMessageを送った先が、きちんと読んでいるかを確認することができるというわけです。

iMessageのメリット・デメリット

反対にデメリットは、相手がiOS端末でないと利用できないという点です。AppleID同士でやりとりをするため、どうしてもiOS端末が必須となります。そのため、相手が持っていないと利用することができないというデメリットが生じてしまいます。。

Part 3. 消えてしまったメッセージを復旧する方法は?

端末から誤って消してしまったメッセージを復旧させる方法はありません。しかし、iTunesにバックアップを取っていれば復旧させることができます。ただ、バックアップをとった時点でのデータをiPhone 6/6Plusに戻すため設定やその他の内容がすべて失われてしまう恐れがあります。

iTunesに端末を接続し、ファイルを開きます。その後、デバイスから「バックアップから復元」と書かれている部分をクリックし、最後にバックアップを取った日のデータを選んで復元すれば消してしまったメッセージも戻ります。

消えてしまったメッセージを復旧する

しかし、最新のバックアップは「その時点でのバックアップファイル」であり、削除してしまったメッセージが含まれているかと言われればそうではありません。そのファイルは、すでに削除されているため、どんなにバックアップをとっても意味がありません。

なので、一番新しいバックアップではなく、そのメッセージが届いた日から削除してしまう日までのバックアップファイルで復元するとよいでしょう。また、どうしても消したくない内容であれば、スクリーンショットなどをして保存しておくのも良いですね。

Part 4. Wondershare「Dr.Fone for iOS」でメッセージ復元方法

iTunesは一番新しいバックアップではなく、そのメッセージが届いた日から削除してしまう日までのバックアップファイルで復元するとよいでしょう。どうしても消したくない内容であれば、スクリーンショットなどをして保存しておくのも良いですね。また、くのも良いですね。また、メッセージが消えた時にWondershare「Dr.Fone for iOS」が使うべきソフトです。

Step 1 パソコンとiPhone6をケーブルで接続して、Wondershare「Dr.Fone for iOS」を起動する

パソコンにiPhone6を繋ぎます。すると、画面上にiPhoneの操作手順 が書かれた画像が表示されるので、手順に従ってiPhoneを操作します。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

パソコンとiPhoneをケーブルで接続 

Step 2 「iOSデバイスからリカバリー」モードに入り、デバイスをスキャンする

操作が無事完了したら、自動的にiPhone6をスキャンして過去のデータを全て抽出してくれます。

iPhoneのデータスキャン 

Step 3 [復元]ボタンを押す、iPhone6メッセージを復旧する

スキャンが終了した後、左側にメッセージ項目前のマークをつけて、右下の復元ボ タンをクリックします。

iPhoneのデータスキャン 

Step 4 メッセージは直接デバイスへ復元できる

「デバイスに復元」を選択して、上記画面に入ります。左上の「デバイスに復元する」をクリックします。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

iPhone6の復元 

関連記事

iPhoneメッセージ復元-iPhoneの削除されたSMSメッセージを復元する方法

iPhoneメッセージ復元について、iPhoneの削除したSMSメッセージを復元する方法は?この記事はiPhoneメッセージ復元ソフトDr.Fone for iOSを利用して、iPhoneから削除したSMSメッセージを復元する方法を紹介します。

21.02.2017 もっと見る

MacでiPhoneから消えてしまった大事なSMSメッセージを復元する方法

iPhoneから大事なSMSメッセージやメモが消えてしまってもiPhone用のデータ復元ソフト『Dr.Fone (Mac版)』があれば簡単にMacでiPhoneのSMSメッセージを復元出来ます。SMSメッセージ以外にも18種類のデータの復元できるMacソフトです。

19.10.2015 もっと見る

iPhone 7/6/6Plus/5S/5C/5/4S/4のメッセージ(iMesseage)復元ソフトと使用方法

仕事用のiPhone6や個人用のiPhone5s両方を持っています。メッセージを不注意で削除して、消えてしまったです。同期で消えたメッセージを復元したが、文字化けで見えないです。ほかの良い方法を教えてください。そこで、専用のデータ復元ソフトWondershare「Dr.Fone for iOS(Win版)」でPhone 6/6Plus/5s/5/4のiMessageデータを復元できます。

13.09.2016 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone全般 > iPhone情報 > iPhoneのメッセージアプリの使い方・復元小技
Top