iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone6復元-iPhone6・iPhone6s Plusのデータを復元する方法の紹介

iPhone6・iPhone6s Plusのデータの復元方法としては実際のところどのようなものがあるのでしょうか。具体的にその方法はまだ、あまり紹介されていません。新機種を買ったときに最初に行うのがデータ移行です。データの移行の次に大事なのが、使っているiPhone 6・iPhone6s Plusでなにかおかしな動作や異常を感じた場合に、バックアップデータの復元は非常に大事となります。

iPhone6・iPhone6s Plusで大事なデータが消えた場合、どうしても復元したい気持ちなら、よくわかります。さて、iPhone 6・iPhone6s Plusの消えたデータは復元できますか。
答えは「できます」。

今回は、iPhone6・iPhone6s Plusのデータを復元する方法を三つを紹介したいです。一つはiTunesを使って復元します。もう一つはiCloudを利用して復元します。最後は、iPhone6データ復元のソフトwondershare社のWondershare「Dr.Fone for iOS」を使って、iPhone 6・iPhone6s Plusのデータを復元します。

iPhone 6・iPhone6s Plusのデータ復元ソフトは無料体験版があります。ダウンロードして試してみましょう。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロー

Part 1. iTunesを使ってiPhone6を復元する

iTunesを使ってiPhone6を復元する場合は、iPhone6の初期設定を済ませているというのが基本です。

Step1 iTunesを開いて、iPhone6を接続するだけで、復元したいデータを簡単に選択して復元ができます。当然、機械音痴の素人でも問題なくデータ復元を行うことができます。

Step2 左のメニューに「デバイス」でiPhone6を選択します。

Step3 上部メニューの概要を選択します。 「バックアップを復元」というボタンをクリックします。そうすると復元中と表示されますので、iPhone6のデータ復元が開始されました。

Step4. iPhone6の復元が完了します。

iTunesでiPhone6のデータを復元

Part 2. iCloudを利用してiPhone6を復元する

iCloud自体、iPhoneのみならず、iPadなど、iOS5.1以降のOSを全てサポートしています。 iCloudの場合は、パソコンだけでなくいろいろなアップル社の携帯端末を全てサポートしています。

iTunesと違ってパソコンを持っていなくても、保存と復元ができますので、端末さえ持っていれば、だれでも復元をすることができます。 パソコンを持っていないユーザーやパソコンにつないで復元が面倒な場合、iPhone6上で復元をしたいという人にはこちらをオススメします。

iCloudの利点は、手軽さではないでしょうか。お手軽にどこでも復元できるので人気の復元方法となっています。しかし、場合によって、復元できないことも良くあります。また、iPhone6の既存データはバックアップファイルのデータをに上書きされることは大変残念だと思います。

Part 3.「Dr.Fone for iOS」でiPhone6データを復元する

step1 iPhone6復元ソフト「Dr.Fone for iOS」を立ち上げます。

Step2 iPhone6をPCに接続して、画面上の「iOSデバイスから復元」をクリックして、 復元したいデータのタイプを選択します。

iPhone6を接続

「開始」ボタンんをクリックして、iPhone6のデータをスキャンし始めます。

Step3 iPhone6のデータを復元する前にプレビュー確認できます。

iPhone6データを復元

Step4 「デバイスに復元」か「パソコンに復元」か、ご都合に合わせiPhone6のデータを復元してください。

iPhone6のデータを復元

いつも使用しているiPhone6・iPhone6sの大切なデータを失わないためにもWondershareの「Dr.Fone for iOS」(Windows版)」はおすすめのソフトです。 ぜひ試してみてください。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロー
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone新機種関連 > iPhone6・iPhone6s復元 > iPhone6・iPhone6s Plusのデータの復元方法

サイトマップ

Top