iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhoneの脱獄の問題:するべきか否か?

最近ではiPhoneを脱獄させるのはとても一般的で、多くの可能性があります。しかしながら同時に、iPhoneを脱獄させることは、多くの問題に導く可能性もあります。以下は、なぜiPhoneを脱獄させるのが良いのか、また良くないのかの説明と理由のリストです。

iPhoneを脱獄するよい点

・別のネットワークにアクセスすることになります-iPhoneの最初の懸念は、デバイスは市場のただ1つのサービスプロバイダーに頼っていた事です。アメリカの場合、AT&Tが長期間にわたりiPhoneの権利を持っていました。こういったケースでiPhoneを脱獄させる事は、デバイスが他の良いネットワークを使うことが可能になります。つまりどこの会社があなたのサービスプロバイダーになるかを決める自由が与えられるのです。

・脱獄したiPhoneにはより多くのアプリが使えます- App Storeは毎月膨大な量の新しいアプリを追加してきていますが、脱獄したデバイスでは、さらに多くの新しく作られたアプリにアクセスすることになります。例えば、脱獄したiPhoneで、App Storeでは扱われていない、いわゆる不正アプリがある、Cydiaにアクセスし使うことができます。

・とても簡単に行えます- iPhoneを脱獄させるのはとても簡単で、とても短い時間でできてしまいます。ソフトウェアをダウンロードしたりする必要もありません。すべての工程を数分で、Wi-Fiの接続を使いウェブブラウザ上で、たった数回のクリックで完了させる事ができます。

・処理は完全に元に戻せます-全くその通りで、万が一iPhoneの脱獄が気にいらず、それを取り除きたい場合、iPhoneをただコンピューターに接続してiTunesの復元の機能を使い、脱獄する前の設定にiPhoneを復元することができます。

iPhoneを脱獄する悪い点

・使い物にならなくなるかもしれません-iPhoneを改造することによって起こる "レンガ化"は危険で、デバイスが使用不能になる可能性があります。このような場合iPhoneを完全に一掃して、再び機能させるために復元を行いますが、それでもなお"レンガ化"は避けたい悩みがあります。

・保証がつきません-脱獄することはiPhoneの保証を明らかに無効にするということになり、つまりAppleはお手持ちのデバイスの破損や問題を一切保証しないということになります。これは短所であり、長い目で見れば費用がかかることになるでしょう。

・よりバグが起こります-脱獄したiPhoneはAppleの公式のアップデートを受けることができなくなり、バグやそれに関連した問題も起こりやすくなります。新しいアプリ等で間違いなく多くのそのような問題に直面することになるでしょう。

・セキュリティーが弱くなります-脱獄をするとこれは驚くことではなく、ハッカーにドアを開いているようなもので、iPhoneは頻繁にマルウェアにかかりやすくなるでしょう。 iPhoneの脱獄はいつするべきでしょうか。

お手持ちのiPhoneを脱獄するべきかどうか、どのように決めるのでしょうか?もし脱獄したiPhoneで、何をするべきか多くの技術的な知識をお持ちで、問題が起きたときにどのように対処するか、iPhoneでは使用不可となっているアプリにアクセスする明らかな理由があるのか、例えばもしあなたがFaceTimeのビデオチャットをWi-Fiではなく3Gで使いたいのであれば、脱獄は良いでしょう。

脱獄したiPhoneのデータを復元するには、WondershareのDr.Fone for iOS(Windows版)にお任せ!まずは無料体験してみましょう!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top