iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iBackupBot VS Dr.Fone for iOS

iPhoneは便利な多機能機器で利用の仕方によっては日常生活も便利にしてくれるのですが、そんなiPhoneがどんどん進化して最新型になっても悩みが消えないのはデータの誤削除の件になります。 使用しているのは人間なのでどうしても間違って削除してしまったという事はありえるので、どうにかしたいと考える方多いと思います。 そこで紹介したいソフトはiBackupBotとDr.Fone for iOSになり、このソフトの機能や良い所や悪い所を紹介します。

iBackupBot

まずiBackupBotですが、ソフトの機能としてはiPhoneのデータの検索とバックアップになります。 iBackupBotはiTunesバックアップを取得するとデータを細かく見る事ができます。 iPhone内のデータで探しているデータが見つからないという時に力を発揮してくれます。 バックアップも同時に行うので、もし削除したデータがあればiPhoneの方にデータを移動して復元する事も可能です。

  • 長所:とにかくiPhoneのデータを漁りたいと思っている人に、使いやすいインターフェイスで操作できる点になります。
  • 短所:パソコンにインストールして、iPhoneデバイスを繋いだ時にデータをバックアップして読み込むのに時間がかかる事です。 ですが、この時間に食事をしたり、テレビを見たりすると苦にならない点でもあります。

iBackupBot

 Dr.Fone for iOS

Dr.Fone for iOS

最後にDr.Fone for iOSですが、こちらはiPhoneのOSであるiOSに特化したバックアップと復元を対応してくれる機能を持ったソフトになります。 パソコンにDr.Fone for iOSをインストールする事でiPhoneを認識できるようになり、認識出来たらiPhoneの中身を見せてくれます。 ここで、インターフェイスより、復元かバックアップをボタン形式で選択して実行して行きます。

  • 長所:分かりやすいインターフェイスで使いやすいという面と、復元がバックアップか自分で選べるので、勝手に思い作業をしないという点にあります。 そのため初心者にも使いやすい仕様として知られているソフトでもあるのです。
  • 短所:無料版と有料版があるという点で、無料版を使用していると期間制限になるので、全ての機能を使用できません。 そのため有料に変えるしかなくなるのですが、事前にソフトの機能を体験できるというメリットもあります。

iBackupBotとDr.Fone for iOSにはそれぞれに持っている良い所と悪い所があるので、自分の使用環境に合っているソフトを選んでiPhoneを楽しく利用しましょう。

サイトマップ

Top