iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

音楽をiPhoneに追加するにはどっちが優秀?iTunesとTunesGoを比較してみた

インターネットからダウンロードしてくる等してPCに保存されている、ローカルな音楽ファイル。これらをiPhoneに取り込もうと思ったら、どのような方法をとればいいのでしょうか? これにはいくつかの方法がありますが、果たしてどの方法でiPhoneに音楽を入れるのが効率的なのでしょうか?

iTunesを使って音楽をiPhoneに取り込む方法

今回は、iTunesを使って音楽を取り込む方法と、『TunesGo』というAppleデバイスサポートソフトを使う方法を比較してみました。 まずは、iTunesを使って音楽をiPhoneに取り込む方法をご紹介します。

ステップ1:iTunesを立ち上げ、PCとiPhoneをUSBケーブルで接続します。

ステップ2:iTunes左上の『ファイル』から『ファイルをライブラリに追加』を選択します。そして、追加したい音楽ファイルを選択して、ライブラリに追加します。

ステップ3:iTunes左上に表示されているiPhoneマークをクリックします。画面右下の『同期』をクリックします。

Wondershare『TunesGo』を使って音楽を取り込む方法

iTunesを使ってiPhoneに音楽ファイルを取り込む場合は、一旦iTunesにその音楽ファイルを取り込む必要があります。その後同期をさせなくてはならないので、それを少し手間に感じる方もいるかもしれません。また、同期をさせなくてはならない、という性質上、もし万が一iPhoneに『iTunesには入っていないデータ』が入っていた場合、そのデータが同期によって消えてしまうのを防ぐために、iTunes自体の設定を変更する必要があります。 それでは次に、『TunesGo』を使って音楽を取り込む方法を説明します。

ステップ1:『TunesGo』をインストールして立ち上げ、PCとiPhoneをUSBケーブルで接続します。

ステップ2:画面左側の『音楽』をクリックします。そして、画面上部の『追加』をクリックします。追加したい音楽ファイルを選択します。

ステップ3:転送画面


Wondershare『TunesGo』を使うと、音楽ファイルは『同期』ではなく『追加』によって取り込まれます。その為、『iTunesには入っていないデータ』がiPhoneに入っていたとしても、音楽ファイルは追加されるだけなのでデータが消えてしまう心配はありません。また、iTunesと違って『TunesGo』は直接iPhoneにファイルを送ったり、ファイルをいじったりすることが出来るソフトなので、iTunesのように一旦ソフトにファイルを取り込む手間がありません。操作も簡単です。

メリットとデメリット

iTunesを使うメリットは、

・一度iTunesに音楽を取り込んでしまえば、複数のデバイスに同じファイルを適用することが簡単
・取り込んだ音楽ファイルをPCで再生するのが容易

デメリットは

・同期によって『iTunesには入っていないデータ』がiPhoneから消えてしまう恐れがある
・一旦iTunesにファイルを取り込んでから、iPhoneにそのファイルを移すので少々手間 といったところでしょうか。

一方の『TunesGo』を使うメリットは

・少ないクリック数、短時間で音楽をiPhoneに入れる事が出来る
・同期しないので、iPhone内のデータが消えてしまう心配がない

デメリットは

・複数デバイスに同じ音楽ファイルを追加したい場合は、デバイス毎に操作を行う必要がある
・『TunesGo』を利用してファイルを追加した後にiTunesで同期すると、追加したデータが同期によって消える可能性がある どちらがいいと感じるか、それはあなた次第、ということで。

もし音楽ファイルを追加する手間が面倒だと感じるなら『TunesGo』、同期でiPhoneのデータが消えるのが怖い方も『TunesGo』、iTunesの設定について知識があり、複数デバイスを所有している方は『iTunes』と使い分けるといいかもしれません。

サイトマップ

Top