iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

スマホの機種変更をしてもWeChatを引継ぎ楽しく利用

WeChatとは、無料で通話やメッセージの交換ができるアプリで、多くの方に利用されている便利なアプリになるのですが、Android向けという手軽なOSをもとに開発されているので、お手軽さを優先してあるものでもあります。
そのため、お金をかけずに通話やメッセージを楽しみたいと思っている方を中心に頻繁に利用されているアプリであり、知らない人がいないくらい人気のアプリとなっています。
スマートフォンをメインに開発されたアプリだけに、気になる面として、wechatを機種変更しても変わらない状態でも使用できるかという事になるかと思います。

スマホを変更したらwechatが機種変更によって引き継ぎ出来なかったという環境を作ってしまうと今まで使用してきたデータが全て無駄になります。
そんなWeChatを機種変更しても変わらない環境で利用する方法ですが、それはログインできるようにしておく事です。
ログインするために必要な事として、IDとパスワードを覚えておくという対応が必要で、機種変更をしてもこのIDとパスワードを覚えていればそのままログインして利用する事が可能です。

    

(WeChat ログイン)

「Mobileデータ移行」でWeChatアプリやそのデータを引き継ぎの手順

このように例え機種変更しても、新たにアプリをインストールしてログインするだけで対応できるので、悩むことなく機種変更を行う事が出来ます。 そのため機種変更を考えている方は、まずログインできるようにIDとパスワードを忘れないように覚えておく必要があります。

しかし、中にはIDとパスワードを忘れてしまったという方も多いかと思うのですが、その場合はMobileデータ移行というソフトを使用して環境ごとデータを移動しましょう。 スマートフォンには一度ログインした環境を維持する機能があるので、その機能をそのまま機種変更時に移動するだけで、変わらない環境で利用する事が可能になるのです。 そのため、IDやパスワードを忘れた場合はMobileデータ移行というソフトを使用して対応していきましょう。

win版ダウンロー     Mac版ダウンロー

ステップ 1 携帯をPCに接続

コンピュータに「Mobileデータ移行」をダウンロードしてインストールします。それから二台の携帯もPCに接続しておいてください。

携帯をPCに接続

ステップ 2 デバイスが検出され、アプリやデータを選択

USBケーブルを使用してコンピュータに両方のデバイスを接続します。「Mobileデータ移行」を検出して以下に示すように両方のデバイスを認識すべきです。そして「アプリ」「Appデータ」を選択できたら「コピー開始」をクリックしてください。

アプリやデータを選択

ステップ 3 WeChatの移行が始まる

WeChatの移行が自動的に始まります。移行を進行しています。終わるまで少々待ってください。

WeChatの移行開始

 

WeChatは便利なアプリなので利用を始めるとデータも膨大になると思いますので、そのままの環境で利用できるように、自分の状況に合わせた方法でデータの移動を完了させましょう。特に通話とメッセージを送る場合は連絡先が必要ですし、会話の内容に違和感がないようにするために話しの内容をそのまま引き継いで対応する必要があります。
そのため、データの移動は確実に行えるような環境づくりをしていく必要があります。

win版ダウンロー     Mac版ダウンロー

Mobileデータ移行 購入 Mobileデータ移行(Win版) Mobileデータ移行 購入 Mobileデータ移行(Mac版)

ホーム > 製品活用ガイド > topic > スマホデータ転送・移行・引越 > スマホ機種変更際、WeChatの引き継ぎの方法を紹介

サイトマップ

Top