iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでPDFファイルを最適化して軽くする方法とおすすめのソフト

PDFは紙の書類もデータ化できるため、WindowsやMacに関係なく利用している方も多いファイルだと思います。その中でPDFファイルを作成し、データとして閲覧する以外にもPDFを使って書類などのデータをメールで相手に送る機会もあるはずです。しかし、PDFは手軽にデータ化や内容が確認できる反面、ファイルの容量が他よりも大きくなってしまうというちょっとした欠点があると言えます。そのため、パソコンに保存しているPDFが意外と容量をとっているケースもありますし、メールでPDFを送る時にはファイル次第でメールの容量を超えてしまう可能性もあります。ここで、重要となる大切なひと手間がファイルの最適化という作業です。

Mac PDF軽くするソフト「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版) 」の特徴

pdfを最適化して軽くすることで画像などの容量を抑えると共にファイル内の無駄な部分も取り除け、最終的にはPDFファイル全体の容量が小さくなってmacやWindowsでのPDFの閲覧やメールの送受信がしやすくなる利点があります。そんなPDFの最適化などを行う時に操作が手軽でおすすめしたいソフトがWondersharePDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)です。このソフトはPDFの最適化はもちろん、PDFの修正などの編集やWord・PowerPointなどへの変換機能も備えている多機能さが魅力と言えます。さらに、OCRの機能を使って紙媒体から読み取ったデータもすぐに扱えるようになりますし、他には画像やテキストファイルを活用してPDFを自由に作成することが可能です。また、署名の作成やパスワードの設定も行えるため、PDFを利用する状況に合わせて色々な使い方ができるソフトです。

Macで「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版) 」で簡単にPDFを軽くする手順

こうしたいくつもの機能がありながらも肝心の操作はシンプルで手順の複雑さもないので、今回はmacでこのソフトを使い、pdfを最適化してファイルを軽くする方法を紹介していきたいと思います。
まずはソフトを起動し、表示された画面からPDFを開いていくのですが、右下の「ファイルを開く」のボタンから進んでもいいですし、画面上部のバーから「ファイル」の項目でPDFを開くこともできます。最適化したいPDFを選択して開いたら、画面上で文章の入力や削除、画像のサイズの調整といった編集ができるようになります。必要に応じて編集をした後は最適化の作業に移り、手順としては最初に画面上部の「ファイル」のタブをクリックしていきます。続いて、その中から「PDFを最適化」を選択することで、ソフト上のPDFを最適化の設定ができます。この時に最適化したPDFは新たに保存できるため、元々のPDFはデータとして残しておけるので安心です。最適化する手順はこのわずかな操作だけで終了となるため、PDFを扱うことに慣れていないという方でも「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~」(Mac版)なら手軽であっという間に作業が行えるはずです。

PDFを軽くする

ちなみに、PDFを最適化することで場合によっては画像ファイルが多少劣化するなどの可能性もあり得るので、念のために最適化する前のPDFはきちんと残しておくといいかもしれません。さらに、今回のソフトを使うと、Word数枚分のデータやPowerPointの画像などをPDFファイルとして1つにまとめられるようになります。しかし、他のファイルから画像などのデータを取り込んでいる場合はPDFの容量もより大きくなっているので、メールでPDFを送る前には閲覧しやすいようにmac上でしっかりと最適化してpdfを軽くするのを忘れないようにしましょう。

今回のWondersharePDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)はPDFで資料などを作成する際も画面や操作の分かりやすさからスムーズに作業が進められるはずです。また、PDFに関する編集や変換の機能も充実しているため、PDFを効率的に活用したいと思った時にはこのソフトが役に立つかと思います。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー


サイトマップ

Top