iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Macユーザーにおすすめ!簡単にWordファイルをPDFに変換するソフト。

発表会や会議などにおいて、今やPDFは無くてはならないものとなっています。
それに伴い、最近ではPDFの作成や編集が出来るソフトも多く販売されていますが、MacでwordなどをPDFにする場合、どのソフトが一番良いのか分からない方も多いと思います。
そのような方に、おすすめするのがWondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)です。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」は拡大や縮小、フルスクリーンはもちろんのこと、2ページ連続で表示させることも可能なので、その時々に合わせてストレス無く閲覧することができます。
編集機能では、PDFの文字の変更や画像の挿入、注釈やリンクの追加、フォームの変更といったことができます。
他にも、ページの結合や分割、デジタル署名の挿入、パスワードの設定などもできるので、ビジネスシーンでも十分に対応できます。
OCR機能では、スキャンしたドキュメントなどのレイアウトを維持しつつ変換でき、テキストの編集や挿入、画像のリサイズなどで、思い通りに仕上げることが可能です。
言語もイタリア語、フランス語、ポルトガル語、英語、ドイツ語など、ほぼ全ての言語に対応しています。

そして、皆さんが多く使用する機能で、最も気になる機能が変換です。
「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」は、PDFをJPG、JPEG、PNG、Excel、PowerPointと様々な形式に変換することができます。
もちろん皆さんが一番使うであろうWordにも対応しており、wordをPDFに変換することも可能で、Macをお使いの方も十分に満足できます。
操作手順も簡単なので、ここで紹介したいと思います。

・単一ファイルのWordをPDF作成する場合

Step1:「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」を立ち上げて「PDFファイルを作成」をクリックします。
Step2:「ファイル」をクリックして「作成」をクリックし、更に「ファイルからPDF」をクリックします。 この操作は「コマンド」と「N」を同時に押すことでも可能です。
Step3:PDFに変換させたいファイルを選択し、ポップアップウィンドウ内に移動して「開く」をクリックします。
Step4:ファイルがPDFFelement1にロード後、編集をしたい方は必要な編集をここで行なってください。
Step5:編集終了後、「ファイル」をクリックして「名前をつけて保存」をクリックしますが、この操作は「シフト」と「コマンド」と「S」を同時に押すことでも可能となります。
Step6:ファイルに名前をつけた後、「保存」をクリックすればPDFファイルの作成が完了します。

単一ファイルのWordをPDF作成する場合

・複数ファイルのWordをPDFを作成する場合

Step1:「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」を立ち上げて「PDFファイルを作成」をクリックします。
Step2:「ファイル」をクリックして「作成」をクリックし、更に「ファイルにPDFを結合」をクリックします。
Step3:ポップアップウィンドウ内で「ファイルの追加」をクリックし、変換させたいファイルを追加していきます。
Step4:ファイルをロードした後、「結合」をクリックするとファイルの結合が開始されます。
Step5:編集終了後、「ファイル」をクリックして「名前をつけて保存」をクリックします。
Step6:ファイルに名前をつけた後、「保存」をクリックすればPDFファイルの作成が完了します。

複数ファイルのWordをPDFを作成する場合

このように、「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」は単一のワードのファイルや、複数のワードのファイルを簡単にPDFに変換することができ、Macをお使いの方にピッタリなソフトです。 WondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)があれば、PDFを使ったありとあらゆるシーンで活躍できることは間違いないでしょう。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > PDF変換・編集・作成 > Macユーザーにおすすめ!簡単にWordファイルをPDFに変換するソフトの紹介

サイトマップ

Top