iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

OCR(光学文字認識)機能を利用して、スキャンされたPDF/画像PDFのサイズを縮小

pdf 編集 変換 作成

PDFファイルは環境が違うコンピューターの間でも作った側のレイアウトや書式などをきちんと再現してくれるところが便利ということもあり商用の書類を取引先に送ったり受けたりするときや会議の資料など最近仕事をしていくうえで幅広く使用するようになってきました。

共有したいファイルをWEB上にアップロードしたり、取引先に参考資料としてメールに多くの書類を添付して送る必要があるときなどそのままの状態ではサイズが大きすぎて困ってしまう場面が出てくることはありませんか?

そんなときであってももちろん画像の鮮明さや書式の正確さはPDFファイルとして使う以上は必要な条件になりますよね。

縮小してしまってテキストやイメージ、グラフィックなどがぼやけてしまってうまく出てこなかったりしてずいぶん苦労した経験があります。

なるべく小さく作るように心がけていたところでそれにはやはり限界もあるので簡単にPDFファイルを縮小する方法は無いものだろうかといろいろ調べていました。

私がパソコンを苦手にしているのでパソコンに詳しくない初心者でも比較的簡単にできるようなソフトを探していたのです。

Wondershareの「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」というソフトを見つけたので使ってみることにしました。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :

決めた理由はやはり操作手順が少なくて簡単ということと説明もわかりやすく書いてあったということです。

PDFファイルを快適に使うためには「圧縮する」という作業はどうしても必要になることだと思います。

それを誰でも簡単にそして元のPDFの品質を落とすことなくできる事ができるソフトがあるならそれを使わない手はないですよね。

「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」はPDFファイルをWord・Excel・Power PointなどのMicrosoft Officeの形式に簡単に変換することが可能です。
他にもHTML・EPUB・画像ファイルなどにも変換することができます。

OCR機能を搭載しているので読み取ったPDFファイルを簡単に修正することもできるうえにマークや線(下線、取り消し線など)を使ってメモや注釈も簡単に付け加えることができます。

PDFファイルから必要なページの範囲だけを切り取ったり、複数のファイルをまとめたりすることも簡単にできるので保管しておきたい部分だけをまとめたり欲しいファイルを再編成することも簡単にできて便利です。

そうして作ったPDFファイルを圧縮して保管することもできるので、ひとつのソフトで多くの作業ができます。

そしてこのソフトのよい点は操作手順が少なく簡単なことです。
それぞれの作業について2つから3つくらいの作業手順を踏むだけできちんとできるので初心者にも使いやすいというのがとてもうれしいところです。

作業手順

pdf 編集 変換 作成

ステップ 1 PDFファイルを読み込みます

・ソフトを起動してPDFファイルを直接ドラッグ&ドロップしてファイルを選択するか、メニュー画面の「ファイルを開く」から変換したいPDFファイルを選択します。

ステップ 2 PDFのサイズを圧縮して変換します

・左上にある「ファイル」をクリックして左側に出てくるメニューの中から「最適化」をクリックしてサイズを圧縮します。

・「カスタム」をせんたくすることでより小さいフォントサイズを選択することができます。

・イメージやグラフィックの場合はオブジェクトの周囲に境界線をドラッグして大きさを調整します。

これが元のPDFファイルの品質を保ちながらサイズを小さく圧縮することができる手順です。

とても簡単ですよね。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDF編集・加工 > OCR機能でスキャンされたPDF/画像PDFのサイズを縮小

サイトマップ

Top