iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」の口コミ

今年大学に入学して、演劇サークルに入ったんですが、一番下っ端なのに(下っ端だから?)サークルの会計の告知係りをやることになってしまいました。実際にお金の集金や集計をするけれど、帳簿をつけるのは3年生の先輩です。私はその帳簿をリアルタイムに?サークルのメンバーが見られるように、情報公開する係りです。先輩はExcelを使って出納帳をつけていて最後にPDFというファイルにしてくれます。

私はそのファイルを受け取って、ネットワークストレージに置いて、更新のアナウンスメールをメンバーに流します。今までは全員にExcelファイルを添付したEメールをパソコンアドレスに一斉送信していたようで、それに比べると、はるかに情報伝達のスピードが速くなった、メンバーに喜ばれています。

ところが、先輩が作業するよりも先に、広く意見を聞くために、アップロードしたPDFファイルを私が修正しなくてはいけないことがあります。Excelファイルは先輩が責任を持って管理しているので、私は触らないほうがよいそうです。メンバーに公開するファイルはPDFという、スマホからもパソコンからも読める形式のファイルです。

でもPDFファイルはWordやExcelみたいに簡単に編集できなくて、専用のソフトを使う必要があるみたいです。読み手の環境を選ばない分、作るのは面倒なのかな?

幸いサークル内で予算をつけてもらい、Wondershareという会社の「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」の口コミを先輩が見て、購入してくれました。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

追加機能でOCRというアドオンをつけても数千円でした。先輩がこのソフトにした最大の理由は、私にも使えると自信を持っていえるから、だそうです。実際使ってみると、Wordの操作とあまり変わりません。

まず「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」を起動したら、先輩にもらったPDFのファイルをドラッグアンドドロップで読み込みます。すると画面がPDFファイルの画面になるので、そこで注釈をつけたり、訂正線を引いたりしてコメントをつけます。

PDF編集

あとはPDFファイルで保存として保存先を指示します。これだけです。

実際には、このあとまたExcelファイルの形式に戻したりできるみたいですが、とにかく私はPDFしか触らないことになっているので、ここまで操作できれば十分です。とっても簡単に操作できます。

PDF注釈

この「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」というソフトは、他にもイラストを入れたりする機能もあるので、ちょっとした公演のチラシなども作ることができそうです。

パソコンは得意じゃないけど、やったことないこともやってみようかな?と思わせる簡単操作なので、PDFファイルの編集には、「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」を強くオススメします!

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

 

ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDFソフトレビュー > 「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」の口コミ

サイトマップ

Top