iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」の評価

遅ればせながら、iPhone4Sを購入しました。数十年前にMacを離れてから久しぶりのAppleです。やっぱりAppleはいいですね。クリエイティブな気持ちにさせてくれます。さて、そんなこんなで、何かやってみたくなったのです。iPhoneで。そこで「自炊」に挑戦してみることにしました。

自炊とは一般の書籍を切断して、ページをスキャナで読み込み、OCRという文字認識処理を行い、電子書籍にすることを言います。今回はスキャナで次々に読み込み、まずPDFファイルを作り、それをOCRで読み込み、pdfファイルとして編集し、最終的にiPhoneが対応している電子書籍のファイル形式、epub形式で出力、最終的にはiTunesでiPhoneへ転送することにします。

今回ソフトの選定で一番重要視したのが、pdfファイルの編集機能。この機能がしっかりしていれば、電子書籍以外にも、例えばpdfファイルのここのテキストだけを使いたい、という場合にもOCRと組み合わせてテキストを抜き出すことなどができます。

そこで今回は、試用版が気に入って購入したスーパーPDF変換・編集・作成(Win版)の評価を私なりにしてみます。順に機能をみていきます。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

まず、スキャナで読み取ってPDFファイルにしたものを読み込みます。これはWindowsの標準操作で行え、何の問題もなし。スキャンpdfを読み込んだ場合は、OCRで文字情報にするかを確認するメッセージが表示されます。そう、文字情報化が不要なこともありますよね。

OCR機能の実行

さて、このソフトにはPDFファイルの結合や順序変更のコマンドもあるので、複数のpdfファイルを一度に読み込んで、ページ操作をすることもできます。ページ操作は画面左側に各ページのサムネイルが表示されているので、ページの上で右クリックすることで、空白ページの挿入などのコマンドを実行できます。

画面右側にはpdfファイルのプレビューが表示されているので、修正すべき文字などがあれば、ここで修正します。変換率は縦書きでも英語がまざらないためか、比較的良く、満足いきました。変換時間も平均的だと思います。

修正後、あると便利なブックマーク(しおり)を必要なページにつけていきます。

スキャンされたPDFファイルも変換・編集可能!

実際にiPhoneでepubを読むときにあるとページを探すストレスになりません。

操作は左側のブックマークというタブをクリックして、背景で右クリック[ブックマークを挿入][ブックマーク名を変更][行き先を設定]でページを指示します。このブックマークはepubに変換したときも勿論渡ります。

[変換][他の形式に][EPUBへ]ドキュメント保存のウインドウに[はい]、ファイル名とパスを指定して[保存]これでepub形式へ出力できます。スキャンpdfのOCR読み込み、pdfファイル編集、epub変換、と操作はマニュアルもヘルプも必要なく行えました。

PDFファイルの変換

操作性の良さ、OCRとPDF編集、ファイル形式変換までできて数千円という低価格、今回はお世話になりませんでしたが、ウェブからサポートセンターへの質問が行えること、そもそもですがソフトの性能、どの点においても私はとても満足しています。

自炊が進めば、本であふれる部屋も少しはきれいになるでしょう。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :


 

ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDFソフトレビュー > 「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」の評価

サイトマップ

Top