Wondershare公式サイトリニューアル記念キャンペーン

PDF書き込みソフト:PDFに直接書き込んでらくらく

PDF書き込みソフトについて

申込書などのフォーマットにも使われているPDFファイルは、完成した書類や資料などの閲覧・保存にはぴったりの形式だと思います。しかし、PDFは印刷ができるものの、その後の修正や内容の追加などはワードやエクセルなどの元となったデータからでしか行えないようになります。そのため、PDFファイルを作成した時に修正等があった場合は、元のデータで編集をしてから再びPDFを作成し直すという手間が生じてきます。

そこで、誤字の修正やちょっとした内容の追加・削除などもPDFに直接、簡単に書き込めるソフトをご紹介したいと思います。そのソフトはWondershare「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」です。

windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

*Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac用PDF書き込みソフトPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~」をダウンロードしてください。

PDFファイルの変換

PDF書き込みソフトの使用方法

このソフトなら、PDFの読み込みもスムーズですぐさま修正やコメントなどを加えられ、PDFの資料などの添削にも使いやすいと思います。ここからは、ソフトを使いながら肝心なPDFへの書き込みの操作や手順などを説明していきます。

まず、PDFの読み込みについては、ソフトを起動した後に表示される「開く」の項目から編集するPDFファイルを選択するだけです。

PDFが開かれたところで、内容を編集していくには画面の上部に「編集」のボタンが見つかると思います。

そのボタンを押した上で、中央のPDF内でダブルクリックをして表示されるカーソルを元に新たな文字の入力や削除ができるようになります。

ちなみ、編集時に文字の書式等は画面の左上のフォントから自在に調整が可能です。

他にもPDF上に画像・透かしの追加に加え、「コメント」の項目からは図形の挿入と文字をドラックするだけで強調の表示ができる「ハイライト」の機能もあります。正方形や矢印といった図形も右クリックで「プロパティ」から罫線や色などの変更ができるので、思い通りに編集が進むと思います。

一方の添削についても「コメント」の項目を使えば、分かりやすい内容になると思います。

不要な部分には「取り消し線」をその部分にドラックして引くことができますし、色を変えて文字を追加したなどの修正点には「付箋」をつけてその内容や意図をしっかりと伝えられると思います。

また、最後に具体的な内容を伝える時などには「テキストボックス」の項目を活用し、元々のPDFの文章とは別枠で文字を入力することもできます。

このWondershare「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」はPDF上の文章の編集を手軽に行えるだけでなく、別のPDFのページを途中に差し込むことや複数のPDFを1つに結合してくれる「結合」という管理もしやすくなる機能があります。そして、作成したPDFはドラックなどわずかな操作ですぐにワードやエクセルなどに変換できるので、仕事などでもPDFが使いやすくなるはずです。

今まで手間がかかっていたPDFの編集などもWondershare「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」を使うことにより、直接、PDFに修正や添削を書き込めて作業もスムーズになるので、PDFを活用する際にはおすすめのソフトです。

windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

関連記事

【2017最新】PDF エクセル 変換:PDFをエクセルに変換およびExcelをPDFに変換するソフトと方法

PDFをエクセルに変換するには?!日常の仕事で、PDFをExcelに変換するケースって結構あるでしょう。ここで、簡単にPDFをExcelに変換、およびエクセルをPDFに変換するソフトと方法をステップバイステップで説明します。変換後のファイルは元の書式が保持できて、文書の編集もとても便利になります。

06.02.2017 もっと見る

Windows8用最高なPDF編集ソフト

Windows 8用のPDF編集ソフトをお探しですか?Wondershare「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」をお試してみましょう!

22.09.2015 もっと見る

MACでPDF資料をpptに変換してプレゼンで使う方法

PDFで受け取った資料をプレゼンで使う方法があります。 『PDFから簡単変換!(Mac版)』を使って、PDFをPowerPointで使えるように変換することができます。

06.08.2015 もっと見る
Top