iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > Office系 > PDF関連 > 利用シーンに即した豊富なPDFラインナップ

利用シーンに即した豊富なPDFラインナップ

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Jun 25,2015 17:43 pm / 編集者: カテゴリ: PDF関連

仕事においても、プライベートにおいてもPDF(Portable Document Format)ファイルが多く用いられるようになりました。なぜ元のファイルのままではなく、PDFに変換するのでしょうか?それは、PDFにすることのメリットが沢山あるからです。

1、OSや使用しているソフトに関係なくファイルを開くことができる

2、ファイルのレイアウトや体裁を保持できる

3、パスワードの設定と暗号化による改ざん防止

4、ファイルサイズが小さいため、電子メールへの添付に適している

以上がPDFを導入することによって得られる大きなメリットです。ビジネスのやり取りで特に役立つのは1と4の特徴です。初めて取引をする時などは先方のPC環境が分かりません。自社とOSや使用ソフトが異なると、作成した書類を開くことができない可能性もあります。しかし、PDF形式でファイルを提供すれば問題なく閲覧ができます。また、ビジネスといえども電子メールにサイズの大きなファイルを添付するのは失礼にあたりますが、PDFなら大丈夫です。


そんなPDFですが、内容を編集するには有料ソフトが必要です。できる操作の内容によって、値段は様々です。高価なものを買えば使い勝手が良いとも限りません。購入する時はいきなり買うのではなく、お試しをしてからの方が良いでしょう。wondershareのスーパーPDF変換・編集・作成+OCR(Windows版)はリーズナブルな価格とハイパフォーマンスの両方を実現してくれますし、無料で体験版をダウンロードすることができます。


このソフトで扱うことのできるファイル形式は、 PDFファイル、Word、Excel、PowerPoint、HTML、画像、TXTです。例えば、取り込んだPDFファイルの文章に修正を加え、画像を好みのものに差し替えることができます。また、2つのファイルの一部を結合することや、2つのファイルに分割することも簡単です。

インターフェースはシンプルでアイコンが分かりやすいため、説明書を熟読しなくてもすぐにやりたい作業ができると思います。

そして、このソフトにはOCR(光学文字認識)を追加することができます。プラグイン方式で提供されるため、購入後にインストールしてください。OCRによって、通常できないスキャンされたファイル内の文章や画像、ページの編集が可能になります。

windows版ダウンロード       Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
関連トピックス
Windows 8で注釈をPDFファイルに追加する方法
MacでPDFを編集したい?
おすすめのPDF変換ソフト
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top