iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFページ削除:PDF文書の任意ページを削除する方法

PDFはページが削除できますか?

業務でPDFファイルの編集をする必要が出てきました。中堅部品メーカーの営業職として働いていますが、紙の総合製品カタログと併用で、パソコンやタブレット端末で利用できる、配布用の製品カタログをPDFファイルで作成することになりました。ただ顧客の業務によって必要なページは違ってくるので、PDFファイルは全体版と顧客別版を作成することにしました。これなら紙のカタログとは比べ物にならないくらい、製品の性能改善や仕様変更にもスピーディに対応できます。

紙の総合製品カタログをWordで作成しているので、今回はまず一括でPDF出力し、その中から顧客別に必要なページを残すために、PDF文書のページ削除が行えるソフトが必要になりました。PDFファイルの編集ソフトと言えばAdobe社のAcrobatが思い浮かびますが、これは非常に多機能でハイエンドだと思います。勿論価格的にもハイエンド。

使いたいのはPDFから任意のページを削除する機能なので、その点を中心として、他の市販ソフトを探しました。その中でネット上のレビューがとても高評価な、Wondershare社の「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」というソフトを見つけました。

*Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac用PDFページ削除ソフト「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~」をダウンロードしてください。

windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

試用版という扱えるPDFファイルのページが5ページ限定というソフトが無料でダウンロードできたので、実際に使ってみました。

本当に操作は簡単でメニューもすっきりしており、マニュアルやオンラインヘルプを見なくてもPDF文書のページ削除方法がわかりました。

PDFから任意のページを削除する方法

   ステップ1:PDFファイルを開く

「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」を起動して、ファイルのドラッグ&ドロップなどWindowsの通常操作で開きます。

PDFファイル開く

   ステップ2:PDFのページを削除する

編集したいPDFファイルを読み込むと、左側に縦にサムネイルが表示されます。PDFファイルの各ページを選択できるようになっているのですが、ここで任意のページを選択し右クリック、ページの削除を選ぶと現在のページ、もしくは何ページから何ページといった複数ページの削除を指示できます。

PDFファイルページ削除する

   ステップ3:一部削除したPDFファイルを保存

「ファイル」メニューから、編集したPDFファイルを保存できます。

PDF文書のページ削除方法はこれだけの操作です。この手軽さなら顧客別にPDFカタログを作成してもたいした手間はかかりません。

ほかの編集機能:

PDFのページを追加する場合、選択されているページで右クリックし白紙を挿入したり、同じく右クリックでPDFからというメニューで、挿入したいページを指定して他のPDFファイルのページを追加することもできます。

PDFのページの順番変更はもっと簡単で、画面左側に常に表示されているサムネイル(PDFファイルの全体像)の順番変更したいページをドラッグして例えば3ページ目の前などに移動させることができます。

PDF注釈

またこのソフト上でテキストの編集も行えるため、ちょっとした製品の変更があった場合も簡単にPDFファイルを修正することが出来ますし、図やテキストを他のファイルから読み込んで挿入することや、WebサイトへのURLのハイパーリンクなどを作成することもできます。

またよりカタログらしくするために、目次やしおりをつけてみようと思います。これだけの機能があって数千円ですし、何より操作性のよさが気に入っています。

windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

こちらの操作デモにもご参考:


 

ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDF結合・分割・圧縮 > PDFページ削除:PDF文書のページ削除方法

サイトマップ

Top