iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

今さら人には聞けない・・・仮想プリンタとは?ドライバのインストール方法とは?Adobe製品よりもっと簡単にインストール出来るソフトとは?

1、仮想プリンタとは

PDFとはAdobe Acrobatのファイル形式で、仮想プリンタの代表的存在です。

2、ドライバのインストール方法とは

このPDFファイルを使用するにはアドビ・システムズ社のAcrobatソフトをインストールしなければなりません。
また、Acrobatソフトをインストールした際、ドライバの設定としましてAdobe PDF プリンタの環境設定を行なう必要があります。
具体的な操作方法は次の通りとなっています。

1.Windowsスタートメニューから「プリンターと FAX」(Vista 以外)、コントロールパネル/プリンター(Vista)、コントロールパネル/デバイスとプリンターの表示(Windows 7)を開きます。Adobe PDF プリンターを右クリックして、「印刷設定」を選択します。

2.Adobe InDesign などの文書作成アプリケーションで、ファイル/印刷を選択します。プリンターに「Adobe PDF」を選択して、「プロパティ」(または「環境設定」)ボタンをクリックします(アプリケーションによっては、Adobe PDF の設定をカスタマイズするには、印刷ダイアログボックスで「設定」をクリックしてプリンタ名リストを表示してから「プロパティ」または「環境設定」をクリックする場合もあります)。

3.これでPDFファイルの出力が可能となりました。

Acrobat ReaderはPDF出力のフリーソフトですので、是非インストールし活用してみましょう。

3、Adobe製品よりもっと簡単にインストール出来るソフトとは

株式会社ワンダーシェアーソフトウェアの「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」もPDF出力機能を備えており、更にはPDFファイルの編集・変換・OCR(光学文字認識)対応など幅広い機能に富んでいます。
「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」をインストールすると、プリンタに 「Wondershare PDF Editor」という名称が表示されるので、それをクリックして出力をします。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

この製品はフリーソフトではありませんが、価格はWindows版では税込4,980円とお求めやすい値段となっています。
また、Windows 10/8.1//8/7/XP/Vistaと幅広いOSに対応している点も嬉しいですね。
更に、Windows版だけでなくMackintosh版の製品も取り揃えており、こちらも勿論PDFファイル出力の機能を備えています。操作方法はWindows版と同様。更にテキストの追加や編集・Microsoft Office各ドキュメントへの変換も可能!!Mackintosh版の価格は税込6,980円となっており、対応 OSもX 10.7, 10.8, 10.9, 10.10, 10.11(OS X El Capitan)と幅広いものとなっています。

pdf-printer

また、Mackintosh版の特長としまして、画像ベースまたはスキャンした PDF ドキュメントをレイアウトを維持したまま再利用できるテキストに変換。 トップレベルの OCR 技術 (光学的文字認識)で以下を含むPDF完全編集が可能になります。

• MacでのPDFテキスト検索
• MacでのPDFテキストの編集、挿入、削除
• MacでのPDFテキストのフォーマット変更
• MacでのPDF画像のリサイズ、削除
• その他標準的なファイルでできるすべてのMacでのPDF操作

pdf-printer

多言語に対応。
以下の言語を含むほぼすべての言語のスキャン PDF の編集が可能です:
英語、韓国語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、チェコ語、トルコ語、ポルトガル語、ポーランド語、ルーマニア語、ウクライナ語、日本語、ギリシャ語、クロアチア語、ブルガリア語、その他多数。
Acrobatの製品はReaderでは無償ながら編集機能は無く、有償版はおよそ30,000~と大変高額になっています。
多彩な機能を持ち、比較的安価で手に入る「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」を是非活用してみて下さい!!

win版ダウンローMac版ダウンロー

サイトマップ

Top