iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MACでPDFの画像をTIFFに変換して、資料作成に使ってみる

PDF tiff画像変換

TIFFとは、Microsoftが開発した画像拡張子です。解像度や色数などを自由にデータにできたり、非圧縮でも解像度の高い画像として保存することができます。また、マルチTIFFという何枚もの画像を一つのファイルとして保存することも可能です。

もちろん、Macでも読み取ることができる、非常に優秀な拡張子です。

PDFをそんな解像度の高いデータであるTIFFに変換して、グラフィックの美しいデータにしたり、互換性やエラーなどを考えて、PDFで送られてきた写真のデータをTIFFに変換したいと思ったとき、Wondershare『PDFから簡単変換!(Mac版)が便利なうえ、操作が非常に簡単です。

windows版ダウンロード       Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

『PDFから簡単変換!(Mac版)』は操作が簡単。

  ステップ1:PDFファイルを追加

変換したいPDFのファイルをドラッグ・アンド・ドロップで選ぶ、もしくはメニューの[ファイル]から選びます。

複数のファイルを一度に登録することも可能です。

ファイル追加

  ステップ2:出力形式を選択

イメージとして変換したい場合、「フォーマット」の中で、画像形式JPEG、PNG、BMP、GIF、TIFFが選択できます。

イメージのオプション

PDFをイメージに変換する際に、二つの保存方法を選択可能。

①各ページをイメージとして保存 

②PDFファイルから全ての画像を抽出

つまり、[各ページをイメージとして保存]マルチTIFFのように、[PDFファイルから全ての画像を保存]は画像のみを抜き出し、保存することができます。

注:「画像ファイル形式選択」は出力形式選択している時、 画像形式JPEG、PNG、BMP、GIF、TIFFが選択できます。

イメージオプション

  ステップ3:MacでPDFからTIFF画像に一括変換開始

わずか数ステップでPDFをTIFF形式で保存できます。動作も速く、ストレスフリーで変換が可能です。複数ページでも一括で、MACでPDFをTIFFに変換することができます。

また、環境設定から[各ページをイメージとして保存]もしくは[PDFファイルから全ての画像を保存]を任意で選ぶことができます。

変換済みのファイルを開く場合は、「環境設定」→「出力先」→「開く」ボタンを押せば開くことができます。

pdf word 変換 開始

『PDFから簡単変換!(Mac版)』試用版なら無料で試せる!

『PDFから簡単変換!(Mac版)』の試用版なら1ファイルにつき5回までの機能制限がありますが、無料で試すことができます。

PDFファイルをグラフィックの美しいデータにしたい、あるいはPDFで送られてきた写真データをTIFF形式の解像度の高い残したいという時に『PDFから簡単変換!(Mac版)』は非常に便利です。

PDFファイルを選んで変換するだけの簡単操作で、動作も速くストレスフリーな『PDFから簡単変換!(Mac版)』はPDFをTIFFに変換したいという人にオススメのソフトです。

windows版ダウンロード       Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDF 画像・HTML変換 > MACでPDFの画像をTIFFに変換して、資料作成に使ってみる

サイトマップ

Top