iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > 口コミ・評価・比較・ランキング > ソフト評価 > うっかり消去したら、これで復元!

データリカバリー (Windows版) conecoユーザー評価:うっかり消去したら、これで復元!

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Apr 29,2015 19:45 pm / 編集者: カテゴリ: ソフト評価
このレビューはconeco.netの体験レビューです。

この度は、体験レビューアーに選んでいただき、
ありがとうございます。

レビューアー応募の動機
今までに何度やってしまったことでしょう。
保存していない写真ファイルを削除してしまったり、
USBメモリのデータを誤消去したり・・・
その度にファイル復元ソフトを買おうかなと思うけど
どれがいいのかわからないし、
もし、ダメ
ったら・・・
そう思っていたところで、募集があったので
飛びつきましたw

1枚目の写真のように
「写真/グラフィック」「MP3/オーディオ」「ビデオ」
「Office ドキュメント」「Eメール」「全てのファイル形式」
というスキャンモードがあります。
それでは、日常でありがちな誤消去の場面を想定して
実証していきたいと思います。

ケース1:デジカメのSDカードの写真を誤消去してしまった
SDカード内の写真ファイルをわざと消去してスキャンしました。
すると、2枚目の写真のように消去していない写真もかかります。
また、2日前に消去したファイルも2つひっかかりました。
復元してみると、見事、成功しました!
3枚目の写真のようにフェイスブックかツイッターに
アクセスを即すウインドウが毎回、出ます。
表示しないようにできないのでしょうか?


ケース2:デジカメのSDカードをフォーマットしてしまった
SDカードをわざとフォーマットして、スキャンしてみました。
すると、65個あったすべてのファイルがかかりました。
けれど、フォーマットの前に消去したファイルはもうダメみたい。
そして、復元。
65個のファイルのうち、63個のファイルを復元できました!
まぁ、御の字でしょう^^


ケース3:USBメモリの文書ファイルを誤消去してしまった
USBメモリ内のpptx, xlsx, docx, pdf ファイルをわざと消去。
「Office ドキュメント」を選択します。
ワード、エクセル、PDFファイル用のスキャンなのですが、
4枚目の写真のようにまさかの「みつかりません」
指示通り、RAWファイルで再びスキャンしてみると、
無事、引っかかって、復元に成功しました。
ppt, xls, docファイルでも試しましたが、
1回目のスキャンでは見つけられません><
そして、「全てのファイル形式」でスキャンしても、見つかりません。
オフィスのファイルとPDFはRAWファイルでスキャンしないとだめですね。

ケース4:SSDの中のデータを誤消去してしまった
写真ファイルを消去して、スキャンしてみると、
あっという間に終わりますが、何も見つけられず、
ディープスキャンすることを進められるので、実行すると、
20分ほど、スキャンして、なにも引っかからず、
今度は、RAWファイルで再びスキャンしてみると、
5枚目の写真のように
4900枚くらいひっかかってきました。
プレビューを見ると、ネットのバナー広告のような画像もあります。
しかも、目的の写真ファイルは見つかりませんでした。
システムディスクの場合はとくに、
消去ファイルのデータに上書きされてしまう確率が高いのかもしれません。
RAWファイルのスキャンは120GBのSSDで数分、
250GBのHDDで45分かかりました。
SSDやHDDの中のファイルの復元は
ちょっと、現実味がないような気がします。

というわけで、リムーバルメディアのファイルの復元に威力を発揮します。
誤消去したら、なるべく手を触れずにデーターリカバリをかけると、
復元できる確率はかなり高いと思います。

【conecoからのおしらせ】coneco.net体験レビューサービスはこちら

その後、試してみたことを追記します。

実は自分がこれまで使っていたのは「ウィザードモード」で、
このソフトには「標準モード」というのがあります。
このモードでは
「失われたファイルの復元」「パーティションの復元」「RAWファイルの復元」
という3種類の復元が可能です。
4GBのUSBメモリに107個合計192MBの画像ファイルを入れ
フォーマットし、復元を試みました。
「失われたファイルの復元」「パーティションの復元」ともに
フォーマット前に入れていた107個の画像ファイルをすべて復元できました。

「RAWファイルの復元」を使うと
この実験の直前に保存していた107個の画像データだけでなく、
以前に保存していたPDFやエクセルのファイルも復元できました。
また、スキャンオプションとして
「全てのファイルの場合」と「削除されたファイルの場合」が選べるので、
私が欠点として指摘した「削除していないファイルも引っかかる」というのは
このオプションで回避できます。

ただ、リムーバルディスクなら引っかかってくるファイルの数もしれていますが
書き込みと削除を頻繁に行っている内蔵ディスクをスキャンすると
1度だけ閲覧したwebページのバナーをはじめとする
大量のファイルが引っかかってきます。
目的のファイルの復元を確認するには根気が要りそうですw

なので、やっぱり、使用目的としては
リムーバルメディアの誤消去ファイルの復元でしょうか?
関連トピックス
Excel失われたデータ 復元
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top