iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Wondershare パソコンのデータ復元ソフト「データリカバリー(Win版)」体験談

Wondershare「データリカバリー(Win版)」

550種類以上のファイル形式を高速復元できるソフト

  • パソコンを使っていて、間違って削除してしまった、という経験は誰もが経験していることではないでしょうか。 こんなとき、一昔前であれば諦めるしかない時代でした。
  • 最近では、データ削除だけでなく間違ってフォーマットしてしまった、ファイルが開けないなどいろいろな状況になっているデータを復旧してくれるソフトが多々でてきています。 無料ソフトでも十分可能ですが、今回はWondershare社の「データリカバリー(Win版)」を使用してみました。
  • データの復旧というのは現在のパソコンではほんとうに必要不可欠になってきています。 いろいろなデータを扱うことができるパソコンで、失ってしまえばほんとうに困ることがあります。 まさかの時のために復旧してくれる「データリカバリー(Win版)」は役に立つと思っています。


win版ダウンローMac版ダウンロー

Wondershare「データリカバリー(Win版)」を選んだ理由

選んだ理由としては、550種類以上のファイル形式に対応しているのと、パソコンのデータ復旧だけでなくモバイル・SDカード・デジカメ・ipodなど複数のデバイスの復旧をすることができるので今後のことも考えて使ってみました。 あとはデータだけでなくパーティションの復旧も行ってくれるのが決め手になりました。

価格も安く、無料から考えればお金はかかりますが、その修復ファイルの多さやデバイスの多さでこの価格はありえないと思っています。 いくつか復旧したものがありましたので試してみました。 実はフリーソフトでやってみて復旧できなかったファイルがUSBメモリーにあったので、試しに出来るかどうかをやってみました。 なんと実行すると完全復活してくれました。 これが有料版か、と思い、それからはWondershareのソフトのお世話になっています。

なんといっても、その操作性ですね。 非常にシンプルです。 メニュー画面で4つの復元タイプを指定するのでが、会話方式で2つの質問に答えるだけで、失ったファイルを完全復活してくれます。 パソコンのことを知らなくても簡単操作で失ったデータを復元してくれます。


「どのようなファイルを復元しますか」、と聞いてきますので全てのファイルと答えれば次の質問、「ファイルはどこに失われたか」を聞いてきますので、わかればその中から選択して復元作業をすることができますが、どこでなくしているのかサッパリわからない時でも、どこで失ったかわからないという選択ができますのでそちらを選択することで、あとはディープ検索で失われているファイルをパソコン内から拾ってきてくれます。 失われているファイルの一覧が表示されますので、そのなかのどのファイルを復元したいかを見つければもうそれでOkです。

あとは、復元処理が実行されて完全復活されます。 たった2つの質問に答えるだけで、あとはソフトに任せれば復活というのは他にも有料版がありますが、素人ではなかなか意味すらわからない言葉が出てきますので、難しいところがあります。 シンプルだけで完全復活してくれるこのWondershare パソコンのデータ復元ソフト「データリカバリー(Win版)」はおすすめできます。

win版ダウンローMac版ダウンロー

素人がプロ級の復旧ができる数少ないソフトではないでしょうか。 このような復元作業を依頼すると10000円は取られますね。 間違いないと思います。

そんな、復元作業を何回でも自分でできて4000円前後でできるのはこのソフトだけではないでしょうか。 私の友人には、パソコンのデータを削除する事にパソコンレスキューのような業者に頼んでいましたが、今回このソフトの存在を教えたら、今まで業者に払っていたお金はバカみたいだったと、非常に喜んでくれました。



「データリカバリー(Win版)」の操作ガイド

  • ①ウィザードモードリカバリーを選択します。
  • ②復元したいファイルタイプを選択します。
  • ③紛失したファイルの元の場所を確認します。
  • ④失われたファイルのプレビュー。
  • ⑤失われたファイルを復元します。
ホーム > 製品活用ガイド > 口コミ・評価・比較・ランキング > ソフト評価 > Wondershare「データリカバリー(Win版)体験談

サイトマップ

Top