iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

挙式、披露宴のスタイル検討

結婚準備:挙式、披露宴のスタイル

挙式、披露宴のスタイルについてのページです。

■挙式スタイルの色々

挙式とは親族などごく親しい人だけを招き、結婚を誓う儀式のことです。 結婚式とは一般的に挙式のことを指している場合と、披露宴を含んでいる場合もあります。 挙式には様々なスタイルがありますが、主にキリスト教式、神前式、人前式、仏前式があります。

最も人気があるのは、キリスト教式です。 チャペルでウエディングドレスを着て父親とバージンロードを歩く様は、多くの女性の憧れでもあります。 特にキリスト教信者でなくても挙げられますが、カトリック教会では信者しか式を挙げられません。 ホテルや式場に併設されているチャペルであれば、特に問題はありません。

神前式とは三三九度、玉串奉奠などを行う式のことで、神社や式場の仮神殿でします。 新郎新婦の衣装は白無垢と紋付袴が一般的ですが、他にも黒の引き振袖、色打ち掛けなども人気です。 最近では非常にバリエーションが増えてきているので、和装に洋髪をコーディネートするなど自由に選ぶのもいいでしょう。

仏前式は仏の前で結婚の誓いを交わす儀式で、お寺で取り行うのが一般的です。 神前式は友人を招くことができますが、仏前式は親族のみです。 衣装は神前式とほぼ変わりはありませんが、数珠の持参、焼香をして杯を交わすなどの特徴があります。 人前式は格式に全く囚われない自由なスタイルで、列席者を証人にして結婚の誓いを交わすスタイルです。 どのスタイルを選ぶのかは自由ですが、後でもめないように双方の両親との話し合いもしっかりと行いましょう。

■披露宴のスタイル

披露宴は、ゲストを招いて行う結婚パーティーのことです。 食事や飲み物を振るまい、様々な演出を凝らして楽しむ場でもあります。 披露宴のスタイルを決めるときには、以下のようなポイントに注意してみましょう。 ・料理のスタイルをどうするか(フランス料理、和食など) ・演出は何を盛り込むか

招待客優先にする場合には、料理の質、立地は絶対に外せません。 二人の希望を最優先するなら、希望の演出が盛り込まれるか、会場の雰囲気、好きなデザインのドレスが選べるかなどです。 ドレスを購入する場合は持ち込みができるかどうかも大切なポイントになってきます。 後は妥協していい点と妥協できない点をまとめておき、予算に合わせて調整していくといいでしょう。 もちろん、スタッフの対応や希望の日時で抑えられるかどうかは、最低限の要素になります。

一般的な披露宴では、以下のようなプログラムの流れになっていることが多いです。

  • 挙式と披露宴を行う場合の費用の内訳は、主に以下のようになっています。
    新郎新婦入場から二人のプロフィール紹介
    ウェディングケーキ入刀
    乾杯のあいさつ
    食事・歓談(ここでお色直し)
    再登場、キャンドルサービス、余興
    新郎、新婦のあいさつ、花束贈呈、退場、ゲストのお見送り

プロフィール紹介をドラマ形式に編集した動画で行うこともあります。 最近ではウェディングケーキを食べさせ合うファーストバイトという演出も人気がありますね。 どんな演出を盛り込みたいのか、良く考えた上で披露宴を作り上げたいものです。

指輪

サイトマップ

Top